イメージ調査、改善点リサーチ、競合比較に使うソーシャルリスニングとは

本当に、インターネットの世界は、次から次に新しい言葉が出てきます。同じ意味の言葉でも、変わっているケースもあります。

今回は、TVメディアではあまり聞かないwebの世界の調査、ソーシャルリスニングについて、ご紹介します。

インターネットの世界でも、マーケティング系のワードなので、エンジニアさんとかでも知らない方もいらっしゃるかもしれませんが。

ソーシャルリスニング(Social Listening)とは?

ソーシャルリスニング(Social Listening)とは、SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)、ブログや、掲示板、レビュー・クチコミサイトなどで発信された情報を集めて、分析して、企業のマーケティングに活用することです。

SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)でのヒアリング調査は、昔から、あるアンケートでの調査とは異なります。どちらかというと、ユーザーのホンネを知りたいときなどに活用しやすいメディアなわけです。

ソーシャルリスニングは、結構、労力もコストもかかります。

Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSだから出てくるユーザーの生の声をまとめ、それを分析して、結果にしていく手法なので、想像してみて下さいね。

たとえば、缶コーヒーについて、ソーシャルネットワーク上で、調べるとすると、缶コーヒーについてのキーワードで検索をしつづけて、そこに記載のある投稿内容を見て・・と考えてもらえるとわかりますが、人でやりきるには、なかなか難しいマーケティング手法なんですよね。

ソーシャルリスニングはそれゆえ、システムを活用することが前提になります。ただ、その調査の仕方などを考える労力や、システムを使う能力や、コスト、人件費はかかってくるわけです。

ただ、ソーシャルリスニングは、ソーシャルメディアにあるリアルなユーザーの投稿を抽出してデータ分析をするので、購買動機が明確に出しやすいですし、改善点も具体的に浮かび上がってきます。

つまり、ソーシャルリスニングは、お金も人もかかるけど、商品・サービスの改善や調査にはもってこいのマーケティング手法なんです。

ただし、向いていない業態、商品もあります。

ソーシャルリスニングが使えない、向かない業界や商品

SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)やブログ、掲示板などを使って、消費者の声を拾い上げることが、ソーシャルリスニングの最初。

そう考えると、SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)と相性が悪い業界や商品は、ソーシャルリスニングでは効果を出すことが難しいわけです。

BtoB(企業間取引)

ホームページ制作のクチコミ、facebookにはあるでしょう。ただ、データ数少ないと思います。キャノンの企業向けプリンタのクチコミ、Twitterやfacebookにあるかもしれません。ただ、圧倒的に投稿データは少ないです。

というわけで、BtoBビジネスにおいては、ソーシャルリスニングという手法が使えないかな~と思っています。

人材紹介や、人材派遣分野での、リクナビや、ビズリーチ、インテリジェンス(パーソル)のようなサービスは別ですが。

自分が使っていることを知られたくないネガティブ商材

このタイトルだけでわかると思いますが、SNSで、自分が借金を消費者金融からしていると明言する人は少ないですよね。

こういう話で、サービスや商品利用を、SNSで公開しない商品、商材は、ソーシャルリスニングを活用する分野ではないですね!

クチコミの少ない、あるいは、利用者が少人数に限られる商材

クチコミが少ない、つまり、認知や流通のない商品やサービスにおいて、ソーシャルリスニングをかけても意味はありません。

また、高価な商品、たとえば個人用ヘリコプターとかジェット機など、そもそも、利用者が所有者がほとんどいないため、ソーシャルリスニングをしても、ほぼ意味がないですね。

ソーシャルリスニングが使えないケースの場合は、アンケートでやっていくのがいいかもしれないですね。ネットアンケートを活用すれば、とても安いですし。さらに、今では、結果が出てくるのが速いですし。

ソーシャルリスニングのメリット

ソーシャルリスニングのメリットは、消費者目線のマーケティング戦略がとりやすくなるという点です。

ソーシャルリスニングは、ビックデータを解析するため、さまざまな意見からデータ解析ができます。

それゆえ、メリットはここですよね。マーケティング観点で言うと、マスな情報になるわけです。

また、ソーシャルリスニングのメリットは、競合調査も一緒に行える点です。

ビールでも、炭酸水でもいいですが、ライバルの商品とのイメージの違いなんかも、ソーシャルリスニングでは探れるわけです。

ソーシャルリスニングによって、ライバル企業の商品でウケているポイントを自社商品に取り込むことで、ライバル企業の売上が下がり、自社の収益化につながるかもしれませんね。

SNSでは関心のある人&投稿データを収集できるので、そこからデータの標準化ができるようになるわけです。

ソーシャルリスニングのデメリット

ソーシャルリスニングのデメリットは、SNSなどを元にしたビックデータゆえの、コスト、情報の精査ですね。

また、ソーシャルリスニングの結果、最大公約数の分析結果にあわせてマーケティングを打ち続けると、無難ではありますが、大当たりもしにくくなります。

ソーシャルリスニングツール 3選

ソーシャルリスニングの内容を見ていると、ソーシャルリスニングツールについて知りたくなりますよね。

そこでソーシャルリスニングツールをいくつかご紹介!

コミュニケーションエクスプローラー

コミュニケーションエクスプローラー公式サイト
https://cocomimi.jp/

CCIのソーシャルリスニングツール。

大手らしく、しっかりと作られています。

ソーシャルリスニングツールの料金も、初期10万円、月額10万円~

となっているので、お手ごろかもですね!

クチコミ@係長

クチコミ@係長公式サイトは
https://service.hottolink.co.jp/service/kakaricho/

このクチコミ@係長というソーシャルリスニングツールの料金は、初期10万円、月額13万円~と、コミュニケーションエクスプローラーに比べると少し高め!

国内最大級のデータ量を保有というのがウリ!

キーワード入力だけで簡単にクチコミ分析!!

ソーシャルインサイト

ソーシャルインサイト公式web
http://social.userlocal.jp/

Facebook、ツイッター、インスタなどソーシャルメディア運用を支援する管理・解析ツールのソーシャルインサイト

用途的には、ライトな分析、主には運用というツールです。

ソーシャルインサイトの料金は、お問い合わせベースになります。

ソーシャルインサイトは、広告効果測定や製品評価、顧客対応の評判などの調査もできるようになっています。

まとめ:ソーシャルリスニングツールは大企業のマーケでは必須!?

ビッグデータとなりますが、SNSには多くの言葉、思いがあります。これらの情報を収集し、ビックデータ分析することは大変ですが、マーケティングで使えれば、これほど強いものはありませんね。

ソーシャルリスニングはそういったものになります。

ただ、そもそも、認知度がない、流通がないと意味がないので、そこを忘れずに!

ソーシャルリスニングで消費者目線のwebマーケティングを展開していきましょう!