オンライン決済なら、クレジット決済の手数料が安くて導入が簡単なOmise

オンラインでさくっと導入できる決済代行サービスを探していたところ、たまたま見つけたサービスの1つが、Omiseです。

Omiseのようなサービスは、ネットで簡単に導入できるのがメリットです。

GMOペイメントなどと違って、人のサポートがあまりない分、シンプルに決済システムの導入が進められます。

もともとは、Stripeなどもみていたので、次回以降で、Stripeについても解説していこうかと思うのですが、今回は、Omiseについて解説していきます。

決済代行サービスOmiseとは

決済代行サービスOmise公式サイト 日本版
https://www.omise.co/ja/home

決済代行サービスOmiseは「いつでも、どこでも簡単に」がコンセプトな決済代行サービス。

クレカ、コンビニ、ネットバンク決済の導入がさらっとできます。

オープンソースAPI・各種ライブラリが豊富なので、システム開発者にとっては、導入ハードルが非常に低いです。

某決済代行会社だと、マニュアルだけで、辞書並ですが、そういうことがないのがうれしいところの1つ。

決済代行サービスOmiseは、日本、タイ、シンガポール、インドネシア、ミャンマーに拠点のある決済代行サービスです。

特にタイに強そうですね!グローバルです。

2013年に会社ができて、まだ間もない会社ではあります。

決済代行サービスOmiseのメリット

Omiseを決済代行サービスとして導入するメリットは

  1. 導入が簡単
  2. 定期振込、Recipient(レシピエント)機能で業務効率改善
  3. 決済手数料が安い
  4. 初期、月額費用無料
  5. しかも、最低売上条件なし

先に、気になるOmiseの決済手数料についてです。

シンプルな料金体系

VISA、マスターのクレジットカード決済で、
1決済 税別 2.95%
つまり、1万円の決済で、295円が手数料。
コンビニ決済、ペイジー決済、ネットバンク決済なら
1決済 税別 0.5% +150円
つまり、1万円の決済で、200円が手数料。

ボリュームディスカウントも用意しているそうです。

Omiseの決済システムが導入しやすいのは、

  1. APIでさくさく開発ができる。
  2. 決済画面URL型Omise Linksなら開発は不要

この2点です。

業務フローを最適化しやすくなる点としては、

定期振込機能は、振込の頻度や金額を設定すれば、あとは自動的に振込リクエストが作成され、振込みを都度してくれるようになります。

また、Recipient(レシピエント)機能は、振込口座が複数の場合、複数を登録しておけるので、いろいろな口座への入金作業が簡単にできる機能です。

そして、簡単に導入できる利用可能なプラグインが、以下のECカートで使えます。

  • ActiveMerchant
  • EC-CUBE
  • Magento
  • Magento 2
  • OpenCart
  • WooCommerce(ワードプレスのECプラグイン)

ワードプレスで導入しやすいので、コンテンツマーケティング+ECといった展開もやりやすいのが、Omiseの特長の1つなんですよね。

決済代行サービスOmiseで使える決済方法

決済代行サービスOmiseで使える決済方法は、いろいろありますが、今回は、日本で使える決済サービスだけをまとめて、解説しますね。

クレジットカード、デビットカード

VISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナースのカードで決済できます。

オンライン決済手段の主要カードブランドは基本使えるわけです。

ただし、JCB、アメックス、ダイナースの場合は、上位接続先の株式会社イーコンテクストとの契約となるそうです。

日本でサクッと始めるなら、VISA、マスターだけでもいいでしょうけどね。

ネットバンキング

楽天銀行とジャパンネットバックがOK

銀行毎の決済画面へ遷移しての決済というフローです。

もちろん、決済金額や参照番号の入力不要になります。ペイジーみたいなかんじですね。

ペイジー決済

ペイジー決済は、全国の各種金融機関のATM、インターネットバンキング、また、郵便局などから支払える決済手段。

税金の支払いなどにも活用される決済サービスですね。

コンビニ決済

24時間365日日本全国のコンビニエンスストアで決済受付可能という、いつものサービスです。

対象のコンビには、ファミマ、ローソン、ミニストップ、セイコーマート。

セブンイレブンはないですが、十分ですね!

まとめ:Omiseの長所は。

Omiseが、使いやすいと思うところは、なんといっても、

ワードプレスやECCUBEでの導入が簡単なところ。

さくっと、自社で、ECサイトを作りたい!というときに、簡単に導入できるメリットがあります。

しかも、手数料も安いですし。

無駄なコストを下げて、スタートアップできるわけです。

合理的ですよね。

Stripeでも、こういうのは可能ですが、安心安全かというと若干不安ですが、Omiseはそうでもないのでいいな!と思っています。

ちなみに、pay.jpや、Stripeについても、おって、解説をしていきますので、またご紹介していきます。

 

【SEO対策】キーワードマップ分析をやってみては?

【SEO対策】検索意図を汲んだコンテンツ制作なら、キーワードマップ分析