リスティング広告で効果を出すキーワードマッチング方法は何?

Googleやyahooの検索エンジンで、キーワード検索をすると表示されるリスティング広告。

Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告が代表的なリスティング広告ですね!

クリックで課金される形式なので、非常に使いやすく、コンバージョンが出やすいので、多くのメーカーなどが広告費を使っています。

このリスティング広告は運用型広告と呼ばれます。それは、運用によって、効果が変ってくるからです。え、何を運用するの?というのがありますが、その1つが、キーワードのマッチングタイプの操作です。今回は、そのリスティング広告で効果を出すキーワードマッチング方法はについて、解説していきます!

広告キーワードのマッチング方法について

キーワードのマッチング方法はとても重要です。

なぜなら、キーワードのマッチング方法次第で、広告を掲載してほしくない検索キーワードでも広告が出てきてしまうからです。要するに、無駄な広告になりがちです。

広告出稿をする広告主の方、部分一致の広告露出を広告代理店にされていませんか?知識がないと、そうやって、お金ばかりとられてしまいますよ~

そこで、それぞれのマッチング形式を、マッチングタイプの解説をします。

具体的な例を出しながら、解説をしていきます。

キーワードは、

web制作 東京

を具体例にいたします。

ちなみに、それなら、部分一致で出せばいいや!という発想もあるのですが、それはそれで、あまりよくないです。

部分一致で広告掲載すると、広告の費用対効果が悪くなるケースが多いからです。

ちなみに、マッチタイプという言葉について、定義を記載をしておきます。

マッチタイプは、リスティング広告の管理画面で登録した広告キーワードと近い「キーワード」や「フレーズ」で検索された際に、どれだけ幅広く広告を表示するかを決めるための設定です。

リスティング広告 完全一致とは

完全に一致する場合のみ、検索エンジンで、広告がでてきます。

1番厳格なマッチングタイプです。

ただ、表記のゆれ にも対応しています。

「web制作 東京」で、広告キーワードを購入すると、

「web制作 東京」で検索すると、広告が表示されます。

「web制作 東京 会社」では広告表示されません。

ですが、

「ウェブ制作 東京」では広告が出てきます。

表記のゆれは、検索で入力をするユーザーの誤字や変換ミスにも対応しているというのがすごい機能なのです!

リスティング広告 フレーズ一致とは

フレーズ一致とは、登録した広告キーワードを含み、そのうえで、キーワードの順番(前後)が同じ場合に掲載されるマッチタイプです。

キーワード「web制作 東京」のみをフレーズ一致でリスティング広告に登録した場合

「web制作 東京 安い」、「web制作 東京都」というキーワードの検索によって、広告として掲載されます。

要は、「web制作 東京」の並び順をもとにして、そこにキーワードが足されても、そこをベースに、検索エンジン広告が表示されるというイメージです。

それゆえ、以下のパターンで検索をされた場合は、検索エンジン広告に出稿されません

広告が掲載されない検索キーワード
「web制作 EC 東京」、「東京 web制作」

もし「東京 web制作」というキーワードでリスティング広告を掲載したい場合は「東京 web制作」というキーワードをフレーズ一致で登録する必要があります。

フレーズ一致で登録するときには、記号で""で囲うかんじです。
“web制作 東京"として、リスティング広告にキーワードを登録する必要があります。

参照:Google広告ヘルプ
フレーズ一致
https://support.google.com/google-ads/answer/2407784?hl=ja

リスティング広告 部分一致とは

部分一致は、実はものすごく多いです。同義語、類義語、関連語、表記のゆれ、なんでも広告として出てきます。

キーワード「web制作 東京」を部分一致でリスティング広告に登録した場合

「web制作 東京都」
「web制作 東京 安い」
「web制作 tokyo」
「web制作会社 東京」
「ウェブ制作 東京」
「ホームページ制作方法 東京」
「東京のweb制作会社」
「web制作 札幌」
「web制作 方法」
「野球 東京」

これらのキーワードで検索すると、すべて、広告として表示されます。

わかると思いますが、「野球 東京」は、もはや広告だしたくないキーワードですよね。

それゆえ、広告費のかかるメニューです。

意図していないキーワードでも、検索エンジン上で広告がでてきますので、ご注意ください。

リスティング広告 絞り込み部分一致とは

費用対効果が高まりやすいのが、この絞り込み部分一致です。

絞り込み部分一致は、関連語の対象を指定できます。

たとえば、キーワード「web制作 東京」を絞り込み部分一致でリスティング広告に登録した場合には、

「東京のweb制作会社」という検索キーワードでは広告が表示されます。

ですが、「web制作 札幌」や「野球 東京」という検索語句では広告はでません。

絞り込み部分一致では、部分一致よりも細かいキーワードの調整が可能です。プラス記号を付けたキーワード(例: +赤 +靴)やその類似パターンが検索語句に含まれる場合にのみ、広告が掲載対象となります。

引用:Google広告ヘルプ
絞り込み部分一致について
https://support.google.com/google-ads/answer/2497702

絞り込み部分一致にする記号は「+」で「+web制作 +東京」になります。

効果的なリスティング広告のキーワード登録方法は?

個人的には、効果的なリスティング広告のキーワード登録方法は、

フレーズ一致 だと思っています。

完全一致を大量に登録するのもありですが、それだと、拡張性がないので、同じ思考回路の人しかつかまりにくくなります。

フレーズ一致を活用して、修飾語の付くキーワードを多く抑えていくことが重要だと思っています。

ただ、部分一致で幅広くとっている、それによって、PVやUU、セッションを稼ぎたい!ということであれば、少なくとも、絞り込み部分一致を活用すべきです。

それだけでも、広告コストの無駄なものは省かれていくと思っています。

広告運用を広告代理店に任せたほうがいいというのは、こういう知識レベルの問題もあるからだと思っています。

まとめ:リスティング広告も運用次第で効果が変わる理由

リスティング広告が、運用型広告と呼ばれる理由が、上記で少しわかってくるかと思います。こういったキーワードのマッチングタイプのやり方だけでも、ぜんぜん効果が変わるからです。

今回は、マッチタイプの1つであるフレーズ一致や、絞り込み部分一致、部分一致について解説しました。

なるべく具体例もいれつつですが、理解しにくいところもあるかもですね。

ただ、わかってほしいのは、

  1. 絞り込み部分一致、フレーズ一致でキーワード設定することで、広告表示を絞れること
  2. これによって、無駄な広告費が減ること

広告出稿の目的によっては、部分一致でもよいのですが、リスティング広告のルールをしっかりと把握した上で、適切な運用方法を選択して、リスティング広告を展開していきましょう!!

SEOとも違う世界観のリスティング広告を、1つ1つ学んでいく姿勢が大切です。

web広告のクリック数とGoogleアナリティクスのセッション数があわない原因は?

web広告のクリック数とGoogleアナリティクスのセッション数があわない原因と解決方法