ノーコード 3分 webサイト制作 Landen とは アプリ開発 も 可能な webツール

2019年末ごろから、話題になっている NoCode ノーコード ツール。プログラミングの知識がなくても、おしゃれなホームページができる、NoCode ノーコード ツール は 今、web業界から注目されているツールです。

なぜなら、ホームページも、アプリ開発も、誰でも簡単にできるからです。それも、ハイクオリティなwebサイトが簡単にできてしまうから、コスパがいいわけなんですね。

ノンプログラミングというキーワードが、1つの潮流になってきている時代。プログラミングができなくても、オシャレなWebサイトを作れる Landen というノーコードツールを今回はご紹介します。

ちなみに、ノーコードって?という方には、以下の過去記事をご参照ください。

ノーコード ローコード プログラミング 知識 なしでも、webサービスを作れる

Landen とは

Landen ランデン 公式ホームページ
https://www.landen.co/

Landen とは ノーコードツールの1つで、誰でも、簡単にホームページを作れてしまうツールです。

しかも、1人で作る分には、無料でできます。

30以上の拠点で、CDNの設定もされているので、Landenは、非常に安定しているwebツールになっています。

英語オンリーなので、英語サイトが苦手な人にはつらいかもしれませんが、アイコンやデザインで十分、その機能のすごさはわかると思います。

有料版を利用すれば、独自ドメインの設定も可能ですし、Stripeを活用して、決済機能をつけることも可能です。

LPも作れます。Landenなら、成功するLPの法則にそって、ランディングページを作ってくれます。

Landen 特徴

Landen とは、他のノーコードツールと異なり、

Landenが出す質問に回答していくだけで、webサイトを作れることです。

たとえば、

  • どんなサイトを作りたい?
  • LP ランディングページ?
  • どんなフォントを使ったサイト?
  • デザインのイメージは?
  • 必要なコンテンツは?
  • コンタクトフォームは必要?

といった質問に回答していくだけで、

3分くらいで、webサイトが出来てしまいます。

日本語でもあればいいのに・・・と思ってしまうほど、簡単です。

他のノーコードツールの場合、パーツを、マウスで動かしたりして、配置をしていくのですが、なかなかに、webサイトのイメージが出来ていないと作れません。

Landenであれば、そんな構想を作ることも不要で、さくっと、LPなどもできてしまいます。これがいいところなんですよね、Landenのメリットです。

Landen ランデン 主な機能

ランデン の 主な機能 について解説していきます。

大きなところでは以下の機能が、ランデンにはあります。

  • 速いサーバ
  • 独自ドメイン設定が可能
  • SSL 設定も可能
  • アクセス増加時の拡大も簡単
  • ブログ
  • メールマガジン
  • stripeによる決済機能
  • レスポンシブ
  • タブレットも対応
  • 自社ロゴ設定
  • 画像の追加
  • Youtube動画の埋め込み

十分すぎますね。

ちなみに、もっと言えば、会員登録前から、ランデンを作って、webページを作るイメージを体験できます。

TOPページにある

「Generate Site→」というボタンをクリックして、試してみてください。

さくさくホームページができますよ。

ノーコード Landen ランデン 料金

気になるLanden 料金ですが、

無料プランでは、独自ドメインなどの設定はできません。

しかし、サーバのホスティング料金も0円です。

スタートアップというプランが、月額29ドル。

次が、月額49ドル。

最上位で、月額99ドル。

プランの違いは、作れるwebサイト数の違い。

そして、最上位プランだと、HTML、CSS、JSをファイルとしてエクスポートすることができます。

ちょっとweb制作会社さん、考えてみてください。

Landen で、サイトを作って、月額99ドル、すなわち1万円で、量産できたら、非常に効率よくないですか?

おそらく、採用サイトなどを作るのには、もってこいだと思いますよ!

Landen ランデン 事例

Landen で作ったら、どんなホームページになるのでしょう。

気になりますよね。

事例は、公式サイトに掲載されています。

Landen ショーケース
https://www.landen.co/showcase

日本の古いwebページとは、ぜんぜん違うレベルのハイクオリティなホームページが登場してきます!

たとえば、このページなど、Landenで構築されているそうです。

Landen 事例
https://www.clarify.so/

ダークモード適応のクールなwebデザインですね。

マウスアクションに応じたパララックスサイトになっています。

まとめ ノーコード Landen 日本語版 は ビジネスモデルにもなるくらい便利

いかがでしたでしょうか?

CMS全盛、ワードプレス全盛時代から、ノーコードツール全盛になりそうなのもわかるくらい、非常に優れたwebサイトビルダーだと思いませんか?

これで、月額料金1万円くらいで、利用できるのが、Landenなんです。

何より、他のノーコードツールと違って、サイトのイメージがなくても、こういうサイトを作りたい、というQ&Aで、サイトができていくんですから、いいですよね。

Landenの日本語版ができたら、多くのweb制作会社は、取り入れそうですよね。

そして、Landenの仕組みを考えると、AWSなどのクラウドサーバに知識のある会社が始めれば、大きなビジネスチャンスになるでしょうね。

日本のwebデザインが、より他国のwebデザインのレベルに追いつくのは、こういうノーコードツールが流行ってこそかもしれませんね。

 

webflow ノーコード で きれいな webデザイン の ホームページ制作