#無料 Webサイト翻訳 G Translate #Google サイト翻訳ツール廃止 での #多言語対応

オンライン での web戦略 のひとつに、多言語 対応 があります。中国 や アメリカ、韓国など、世界の多くのユーザーに、企業 の 情報 を知ってもらいたい、企業サービス について、告知 していきたい!というニーズがあります。

ネットの強みのひとつとして、一瞬で、情報を様々な 言語 に 翻訳 できる、というものがあります。それも、比較的、格安 の コスト で。それが、昔は、Googleウェブサイト翻訳ツール の 導入 で 簡単 にできていました。

しかし、2019年に Google は、ホームページ の 翻訳ツール の 新規導入 を 廃止 しました。これによって、新たに、Googleウェブサイト翻訳ツール を 導入 した ホームページ を作ることが出来なくなりました。

もともと、Googleウェブサイト翻訳ツール の アカウント をもっていて、使用していた企業やwebサイトの場合は引き続き使用できます。

また、有料であれば、Google は、 Cloud Translation というサービスを提供しています。 しかし、そこまでコストをかけて、webサイトを翻訳するサービスを作りたい、というケースではない場合。また、なるべく低コストで、多言語対応したホームページを作りたい場合。

こんなときにおすすめなのが、今回ご紹介するG Translate というサービスです。無料で機械翻訳のウィジェットを導入できます!

G Translate とは

G Translate 公式ホームページ
https://ja.gtranslate.io/
※日本語表記

G Translate とは、無料で、ホームページを翻訳してくれるwebツールです。イメージとしては、Googleが提供していたWEBサイトを無料で機械翻訳してくれるツールを提供してくれるサービスです。

消費者の使い方は、Googleのツールと同じで、サイト翻訳が、いろいろな言語において可能なツールを提供してくれているサービスです。

G Translate 対象言語も非常に多く、世界50カ国以上の言語に対応しています。

中国語も、簡体字、繁体字、それぞれ選択できるのがうれしいですね!

もちろん、英語、フランス語、ドイツ語といった言語にも、翻訳してくれます。

有料版と無料版があり、有料版では、データの保持なども可能になっていますし、検索エンジンへのインデックスも可能になっています。

G Translate 対象言語

G Translate の対象言語は、非常に多いです。

いくつか具体的にピックアップしていきます。

  • アラビア語
  • 中国語 簡体字
  • 中国語 繁体字
  • 英語
  • エスペラント語
  • フィリピン語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ギリシャ語
  • ヘブライ語
  • ヒンディー語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • タイ語
  • トルコ語
  • ベトナム語

などの言語の翻訳が可能になっています!

もっと対象言語について知りたい場合は、公式サイトに対象言語はリスト化されていますので、ご確認ください。

G Translate 無料版と有料版の違い

G Translate の 無料版 は 機械翻訳を使用します。

それゆえ、??という箇所もあるかもしれませんが、精度とコストとの比較かと思います。コストをかけても、精度をあげたい場合は、人間が翻訳するようにしたほうがいいでしょうし。

また、有料版では、そういった人間翻訳の機能で、一部の翻訳内容を追加、変更できるようになっています。

また、無料版では、G Translate を設置したウェブサイトのURLは変更されません。また、翻訳の情報は保存されません。

無料版は、基本的には、Javascriptでの翻訳変換だけ、というかんじです。

有料版の支払いは、PayPalとクレジットカードがメインです。

しかし、Apple Pay、Google Pay、Microsoft Payも利用可能です!

G Translate 利用方法

G Translate の使い方を解説していきます!

簡単5STEPで、導入できます!

  1. G Translate にアクセス
  2. 価格表にある「ダウンロードボタン」をクリック
  3. 開かれたモーダルウィンドウで HTMLタブを選択
  4. オプション設定&コード取得
  5. あとは、自分のwebサイトにコードを設置するのみ

ちなみに、オプションでは、このような設定をおすすめします。

仮に日本語のホームページで、G Translate を 導入した場合の設定方法です。

  1. 翻訳の表示方法は、On Flyを選択
  2. デフォルトの言語は、日本語
  3. 国旗は非表示
  4. ドロップダウンリストを表示
  5. ドロップダウンリストで選択できる国の選択

最後の国の選択で、翻訳できる言語が決まりますので、選択肢を増やしたい場合は、たくさんの国をいれるようにしてください。

まとめ webサイト の 多言語化 を スピーディー & 無料 で! G Translate

G Translate いかがでしたでしょうか。

結局、Googleが提供していたツールと同じサービスなんですが、G Translate は、Googleが、サイトまるごとの翻訳ツール提供をやめてしまったので、困ってしまった!というweb制作者、企業もいると思います。

テストマーケティングで、多言語ページを作りたい

まずは、webサイトの多言語化を簡易的に導入したい

そんなニーズには、バッチリな、G Translate。

コロナで、インバウンド需要は、なかなか難しいですが、企業間取引であれば、オンラインでも可能なケースもあります。

まずは、ホームページの多言語化のために、G Translate をお手軽に試してみるのもありだと思いますよ!

無料 翻訳 決定版!自然な言語 への 翻訳ツール DeepL ディープエル 徹底解説!