【LinkedIn】リンクトインとは 企業 が 無料 で できること 機能 まとめ

日本で、ビジネス系SNSといえば、facebookのイメージが強いですが、最近では、フェイスブックだけではなく、リンクトイン(LinkedIn)も利用している企業が増えてきています。

もちろん、ビジネス利用は、Facebook以外にも、TwitterやInstagram、tiktokなど、いろいろと増えているのですが、リンクトイン(LinkedIn)は、ビジネスSNSの王道も王道のツールです。

しかし、リンクトイン(LinkedIn)は、知名度が低いイメージがありますよね。そこで、この記事では、リンクトイン(LinkedIn)の啓蒙もかねて、世界で最も有名なビジネスSNSであるリンクトイン(LinkedIn)について、リンクトインとは? LinkedInの機能、基本情報、企業が利用する際に、無料でできることや、広告など、リンクトイン(LinkedIn)について、解説していきます。

リンクトインとは

リンクトイン 公式ホームページ 日本版
https://jp.linkedin.com/

リンクトイン(LinkedIn)とは、世界最大級のビジネスSNSです。

本名で登録するタイプの実名型のSNSです。

世界では、2020年3月時点で、約7億アカウント、MAU(月間アクティブユーザー数)は、3億3,000万人というとてつもないサービスです。

ただ、日本では、会員数は200万人くらいですが。

日本にも、2010年ごろから普及し始めていました。最近は、インスタグラム、ツイッターの勢いなどに押されていますね、日本では。

そして、リンクトイン(LinkedIn)は、多くの人が、間違えています。

  • 読み方× リンクドイン
  • 読み方〇 リンクトイン

LinkedInの読み方は「リンクドイン」ではなく、リンクトインになります。

日本法人はリンクトイン・ジャパン株式会社です。リンクドインではない証拠ですね。

リンクトイン 基本情報

リンクトインは、アメリカ生まれのビジネスSNSです。

リンクトインは、2003年からサービスインしています。

設立者は、リード・ホフマン。

リードホフマンは、PayPal創設メンバーです。

リード・ホフマンの書いた「Blitzscaling」は有名ですね。ビジネス書として、非常に人気があります。

リンクトインは、今では、マイクロソフトの保持するサービスになっています。これは2016年に買収されたからです。

当時マイクロソフトは、Facebookや、Google、アップルに相当おされていましたからね。sns媒体が欲しかったんでしょうね。

こういう経緯で、仕様なども、いろいろと改良されて、リンクトインは、変化していっています。それゆえに、昔やっていたけど、アカウント放置しているユーザーも多いかもしれませんね。

ただ、2020年になって、また、国内での利用者は増加傾向にあります。

LinkedIn ユーザー数 は?

リンクトインは、2021年2月時点で世界の登録ユーザー数は7億4000万人を突破。ものすごい人数のユーザーを抱えています。

LinkedInは、世界200以上の国と地域に7億5,600万人のメンバーを有する世界最大のプロフェッショナルネットワークです。

引用:LinkedInについて
https://about.linkedin.com/ja-jp

ユーザーでその登録人数が多い国のランキングです。

  1. アメリカ 1億7,000万人
  2. インド 6,500万人
  3. 中国 5,000万人
  4. ブラジル 4,200万人
  5. イギリス 3,000万人

上記が、リンクトインのユーザーの多い国ランキングです。

英語圏だけではなく、中国でも、ユーザー多いのは、面白いですよね。

このランキングにはいないですが、インドネシアでも、ユーザー数は増えていってます。

リンクトイン ユーザー属性

リンクトインは、とにかくユーザーの質がいいということで有名です。

若手のエンジニアや、経営者層も多いです。

また、働いている企業の業界を見ると、やはり、IT業界、金融業界のユーザーが多いとされています。

一番多いユーザー層は、30代~50代。ビジネスsnsだからですかね!

男女の差はあまりありません。

若干、男性が多いくらいだそうです。

LinkedIn(リンクトイン) 無料版 できること

さて、リンクトインを法人が活用する際、まずは、無料でどんなことができるのでしょうか?ビジネスSNSだから、会社紹介などはお手の物です。

法人、企業向けの機能について列挙すると、

  • 会社ページ作成
  • スライドシェア(資料スライド)
  • つながり
  • コンタクト
  • 足跡

という機能があります。

1つずつ、個別に機能を解説します。

リンクトイン 会社ページ

リンクトインにも、facebookページのような機能があり、そこで、会社ページを作ることができます。

機能は、個人アカウントと同じです。

リンクトイン SlideShare

SlideShareの機能は、パワーポイントなどの資料をスライドショー形式で公開できる機能です。

このスライドシェアの機能で掲載した資料は、見るだけなら、リンクトインのアカウント登録、ログイン、どちらも不要になっています。SNS以外でも使えそうな機能ですね。

つながり機能

ツイッターなどでいう、フォロー、フォロワーの機能ですね。

コンタクト

フォロワーに対して、メッセージを送信できる機能です。

フォロワーのフォロワーに対しては、メッセージ送信できません。

直接フォロー、フォロワーの関係にならないとですね。

足跡機能は、簡単に、会社ページを見てくれた人の足跡をチェックできる機能なので、さくっとご紹介するにととめます。

リンクトイン 採用 活動 利用 が 有名

リンクトインは、上述の通り、利用者の質が高いので、採用活動での利用が有名です。ツイッターなどで、リンクトインで検索すると、採用活動利用についての投稿をたくさんみれます。

高スキル人材の採用などに有効な一手といえましょう。

ちなみに、2021年5月27日時点では、無料で、求人情報ページを作成可能です。

この機能は、求人情報をインディードのように、テキストで記載する機能です。

会社ページを作っていれば、さくさくできますので、ぜひ、活用してみてください。

リンクトイン 広告 も おすすめ

実は、最近耳にしてくるようになったのが、リンクトイン 広告です。

ここではリンクトイン広告のメリットや、機能などを、簡単にご紹介します!

リンクトイン広告のメリットは、

  1. ターゲティングセグメントが詳細
  2. ユーザー情報が正確

というのが、大きなメリットです。

リンクトインは、登録情報を偽ることについて、結構寒い目で見られるツールです。そのため、登録情報の精度が高いとされています。

そして、上記の登録情報をもとに、

リンクトイン広告は、高い精度で、広告を配信するターゲットユーザーのセグメントが可能です。

以下、セグメント例です

  • 性別
  • 年齢(18-24歳/25-34歳/35-54歳/55歳以上)
  • 場所(国、地域、都道府県)
  • 所属会社名
  • 業種
  • 規模
  • スキル
  • キャリア
  • 役職
  • 職務
  • 学歴
  • 専攻、学位
  • リターゲティング

また、最近トレンドの、アドレサブル広告も可能です。

まとめ リンクトイン これから日本でも伸びる?

いかがですか?リンクトイン

基礎知識、基礎情報などから、リンクトインについて、知識が増えたはずです。

まずはlinkedinの個人アカウントを作ってみて、基本機能を試してみませんか?

ビジネスSNSは、これから日本国内でも利用が増加していくと思います。

特に、フェイスブックではなく、リンクトインを使いたいというアーリーアダプターの応援もあって、伸びていく市場にもなるでしょう。

便利な機能もあり、無料でもリンクトインは活用できるので、中小企業のオーナー様など、ぜひビジネスに有効活用してみてください。

【補助金】JAPANブランド育成支援等事業とは 最大2,000万 中手企業 海外展開 支援!