Webマーケティング 仕事内容 は?具体的にすべきこと、目的 集客 効果測定 まとめ

Webマーケティングとは、インターネットのマーケティング方法で、今では、Webマーケティングを活用していない企業は少なくなってきています。しかし、実際、webマーケティングが機能している企業は少ない状況です。

現代マーケティングの祖であるピーター・フィリップ・ドラッカー曰く、マーケティングの理想は、セールスを不要にすること、だそうです。営業活動なしでも、商品が売れる状況を作ることが、マーケティングなんですよね。そう考えると、インターネットを活用して、売れることが、webマーケティングの理想です。

この記事では、そんなwebマーケティングの仕事内容について、まとめてみようと思っています。webマーケティングの仕事内容とは、どんなものなのか?そして、そもそも、webマーケティングの基礎知識となるものは何か?webマーケティングの仕事内容で具体的にすべきこと、目的、集客、効果測定といった部分について解説していきます。

webマーケティング 仕事内容 とは

webマーケティング 仕事内容 は、上述のとおり、インターネットを通して、セールスなしで、商品・サービスが売れるようにすることです。しかし、これは理想。現実的には、webマーケティング 仕事内容 は、インターネット経由で、モノやサービスが売れるような状況を作りだすことになります。

それゆえ、webマーケティング 仕事内容 を具体的に分析すると、以下のようなことになります。

  1. web制作
  2. 動画、ページなどのコンテンツ制作
  3. 効果測定
  4. SNS活用
  5. ブランディング
  6. ネット広告などでの集客
  7. SEO
  8. 指標作成

といったことになってきます。

webマーケティング 仕事内容について、細かいことを言えば、アクセス解析などを行って、webサイトの流入経路、離脱率、回遊率といったデータ分析やキーワード分析。

  • webサイトを改善していくUI、UXの改善
  • webサイトをより収益に結び付けるECサイト構築
  • webで収益を上げるシステム開発

なども含まれてきます。

実は、webマーケティング 仕事内容 は、具体的に書いていくと、結構、キリがないほど、やることが多いです。

webマーケティング 仕事内容 解説 動画

webマーケティング 仕事内容 を 解説するうえで、webマーケティング自体についての知識をつけておくことは大事です。

そもそも、webマーケティングについての認識が異なると、余計にわからなくなりますからね。

webマーケティングについての解説として、1つ動画をご紹介します。

 

webマーケティングについてのイメージがつくYoutube動画!

いかがでしたでしょうか。

webマーケティング 仕事内容 指標づくり も 重要。

webマーケティングwebマーケティングといっても、そもそもは、webマーケティングを通して、売上を上げることが重要です。

それゆえ、webサイト、デジタル施策で、どうやって売上をあげていくか?という点のフローも考えないといけません。

わかりやすく言えば、ECサイトです。

自社商品を、ECサイトを作って掲載する。

ここで売上を上げるための方法は、集客+購入率を高めること。

それゆえ、

  • 新規顧客向け
  • リピーター向け

の集客+購入率を高める施策を行います。

しかし、施策ばかりを立案していても、うまくいくはずがありません。

何がよくて、何が悪かったかを判断する羅針盤がいるからです。

これが指標です。

たとえば、ECサイトで、1,000円OFFのクーポンを作って、配布する施策を行いました。これによって、新規の顧客が10人増えました。しかし、リピーターは100人増えました。

もともと、クーポンは新規顧客獲得のための施策だったのに、リピーターの利用が多かった。という結果が出ました。

このとき、このクーポンの施策は成功か?失敗か?

判断する軸が必要なわけで、これが指標になります。

これは施策前に、しっかりと、指標(目標値)を立てておくことで、その施策の成功と失敗が判断できるようになります。

指標には、

  • 売上
  • UU(PV、SU)
  • 滞在時間
  • 利用率

などがあります。

上記例の場合、売上が、上がっているなら、1つ成功となるのはわかりやすいです。UUについては、新規顧客が増えているなら、目的が、新規顧客獲得であれば、成功になる数になっているかどうかが、1つの判断材料になります。

このように、指標を組み立てることは、webマーケティング 仕事内容 において、とても重要な仕事になります。

指標づくり ができてこそ、webマーケティング 仕事内容 を理解して、目的に向かっての仕事をしているといえましょう。

webマーケティング 仕事内容 学び が 大切。

webマーケティングの仕事において、学びはとても重要です。

なぜ、学びが必要かと申し上げると、

webマーケティング は、日々変わっていく、変化するものだからです。

昔は、Aだったが、今は、トレンドが、Bということも多々あります。

たとえば、ワードプレス。

昔は、ワードプレスでサイト作るの?というくらい、批判されているCMSでした。しかし、今では、wordpressは大企業も利用するほど、シェア率の高いCMSになっています。

SEO(検索エンジンからのオーガニック流入)対策も、Googleのアルゴリズムアップデートで、日々変化しています。

検索インテントに対してのキーワード対策は変わらないですが、webサイトの構造や、ドメインパワー、権威性などの部分は、10年前と比べても、大きく変化しています。

上記の例を2つあげただけでも、webマーケティング 仕事内容 において、常に学びが必要なことがわかると思います。

web広告にしても、SNSにしても、トレンドがあります。

常に、新しい技術や、トレンドを学び続ける姿勢が、webマーケティング 仕事をしていくうえでは重要です。

それゆえ、webマーケティング 仕事を学ぶためには、以下のような、webの情報を集約したホームページやブログなどを見ることが推奨されます。

ただ、読むだけでは学びになりません。

実戦してこそ、学びにつながることもわすれずに。

webマーケティング 仕事 大変

webマーケティングの仕事は、責任も重要ですが、けっこう大変です。

説明した通り、

  1. 多くの業界や分野の学び
  2. 業務内容の多さ

があります。

また、成果が出なくても、繰り返し繰り返し改善を工夫していくことも重要になります。これらを、やりがいと思えないと、webマーケティング 仕事 は、大変すぎる!とギブアップしてしまうかもしれません。

そもそも、インターネット上で、いろいろな情報があり、情報過多の現代です。その中で、顧客に見つけてもらうことは、量が多いだけに非常に困難です。

どんなに戦略をしっかり立てても、時勢でも変わります。コツコツと進めて、その業界や市場にあった展開が必要です。

業務量の多さだけでなく、仕事自体に幅もあるので、大変!と根をあげることもあるかもですが、Webマーケティングの仕事内容は、根幹は、どの企業でも同じことですので、非常に、つぶしの効く仕事内容とも言えます。

webマーケティング 仕事内容 広告出稿だけではない!

イメージの問題ですが、webマーケティング 仕事内容として、広告を出す仕事と思っている人も多いです。

注意点になりますが、そんなことはありません。

広告は1つの方法で、仕事内容すべてではありません。

BtoB商材を扱う企業でも、広告を出しますが、ただ、広告を出しても、売れません。売れるための器を作ることも大事ですし、分析も重要です。

また、問い合わせからのレスポンスを高めていくことも、重要で、そのための、コンテンツ作りや、セールス側への情報共有も重要な仕事内容です。

そういう意味では、webマーケティング 仕事内容で、ネット広告だけを扱っていくというのは、イメージ先行で、間違った理解です。

まとめ webマーケティング 仕事内容 目的意識のある 学び 理解 が大切!

webマーケティング 仕事内容、いかがでしたでしょうか。

実に、webマーケティング 仕事 大変 と思う方も多いと思います。

それだけ、webマーケティング は、企業において重要ですし、お金もかけていくことだから、大変なんですけどね。

Webマーケティングは、業務スキルの上昇が必要な上に、変化を学び、実践していく力を要求されます。

そして、どんな企業にとっても、Webの必要性・重要性は高いので、転職市場でも、ニーズが高い職種です。

Webサイトの登録者数やUU、PV数の増加を狙っていくだけでなく、しっかりと、売上貢献する!という目的意識をもって取り組んでこそ、業務スキルは上がります。

webマーケティング 仕事内容 誤解なく理解していくことはむずかしいかもしれませんが、大切なことは目的意識です。

そこをしっかりともって、webマーケティング 仕事内容を把握しましょう。

【重要】Google フォーム セキュリティ リスク 対応策 リスク軽減 方法 を 簡単解説!

■ webマーケティング 学び 関連記事

Google 広告 始め方【webマーケティング】インハウス運用 なら コレ読んで

【webマーケティング】2019年4月のSEO変動は、共起語で対策

Webディレクター おすすめ 資格 スキルアップを体感できる おすすめ資格試験 3選

ネット 業界 #転職 希望者必見! #webディレクター 仕事 マニュアル 基礎編