cookpy(ククピー)なら誰でも1日だけでもレストランを開店できる!飲食開業支援

出前館やUber Eats(ウーバーイーツ)のような、食事の宅配代行サービスはどんどん拡大していっています。

出前館
https://demae-can.com/

Uber Eats(ウーバーイーツ)
https://www.ubereats.com/ja-JP/

LINEデリマ
https://delima.line.me/

要は、出前サービスですよね? という話なのですが、高齢化社会において、食事の宅配サービスは、大きなインフラになっていくことだと思っています。

特に、Uber Eats(ウーバーイーツ)は大きいです。Uber Eats(ウーバーイーツ)は、宅配代行サービスなので、従来の飲食店が宅配流通をもっていなくても、成立する流通の仕組みだからです。

今回ご紹介する飲食開業支援のcookpy(ククピー)は、誰でも1日からゴーストレストラン、飲食店が設立できるサービスで、とても面白いビジネスモデルなんです。

そもそも、ゴーストレストランって何?という方もいると思うので、まずは、ゴーストレストランについて解説します!!

ゴーストレストランとは?

ゴーストレストランとは、店舗を持たないバーチャルレストランのことをさします。

店舗がないのに、どうやって営業をするのかといいますと、シェアキッチンあるいは客席のないキッチンで調理、Uber Eats(ウーバーイーツ)などのフードデリバリーサービスを通じて注文を受けて、お客様に直接食事を配達するビジネスモデルです。

つまり、ゴーストレストランは、飲食店でかかる固定費コストである場所代が浮く、手軽に始められるビジネスモデルなのです。

以下は、ニューヨークで注目されているGreen Summit Group(グリーンサミットグループ)についての記事です。

Green Summit Group(グリーンサミットグループ)

NY発の新たな食トレンド ー 店舗を持たない「ゴーストレストラン」は、どのような体験をもたらすか

日本でのゴーストレストランの事例としては、6curry(シックスカリー)ですね。

6curry(シックスカリー)公式サイト
https://6curry.com/

このようにゴーストレストランは、今、アメリカから、日本へとどんどん増えてきています。東京エリアが中心でしょうが、この流れは、おそらく、地方にもどんどん増えていくと思います。

また、2018年9月にオープンしたキッチンも客席もシェアするレストラン「シェフのためのコワーキングスペース」もあります。

株式会社favy
https://blog.favy.co.jp/5404/

このように、場所、店舗のない、レストラン、飲食店が新しいビジネスモデルとして展開され始めているのです!

cookpy(ククピー)とは

cookpy(ククピー)は、レストランを1日から開店できる、クラウド型のキッチンマッチングサービスです。cookpy(ククピー)は、LEAPBRAIN株式会社(本社:東京都中央区)が運営しているサービスです。

cookpy(ククピー)は、キッチンのマッチングサービスなので、レストランはスペース提供として1日から空いているスペース(キッチン)を貸し出すことができ、飲食店をやりたい人は1日だけでもスペースを借りることが可能で、自分のレストランを開店することができます。

cookpy(ククピー) 公式サイトURL
https://cook-happy.com/
https://cook-happy.com/owner

これってすごいことですよね!今まで、レストランの開店、開業は、数百万円、数千万円とかかっていたのが、数万円からできるわけです。

もちろん、cookpy(ククピー)でできたレストランの販売と配送は既存のデリバリーサービス(UberEats等)を利用するビジネスモデルになります。

オペレーションフローとしては、飲食店をやりたい方はマッチングした店舗に行って、注文が入った商品を料理するだけです。後日店舗から売上金額のすべてを受け取ることができます。

cookpy(ククピー)の利用シーン

cookpy(ククピー)の利用シーンは、飲食店をやりたい方は、料理を作って、お金を稼ぎたい、実際レストランを開店したときのテストケースになります。

cookpy(ククピー)は、飲食店をやりたい方のユーザー登録はもちろん完全無料です。

cookpy(ククピー)の運営会社はLEAPBRAIN株式会社

LEAPBRAIN株式会社公式URL
https://cook-happy.com/

出典:PRTIMES
【日本初】“誰でも1日からゴーストレストランを開店できる”クラウドキッチンマッチングサービス「cookpy(ククピー)」がリリース!
“キッチンの空き時間をシェアして収益をアップしたい飲食店”と“料理が得意なユーザー”のマッチングサービス「cookpy」が事前ユーザー登録キャンペーンを開始します!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000043761.html

2019年版 ゴーストレストランを開業するために必要なことリスト

以下は、東京都内のお話ですが、2019年8月時点で、ゴーストレストランを開業するために必要なことをまとめてみました。

リストといっても、こんなかんじです。

  1. ゴーストレストランの店舗物件、キッチンのレンタル
  2. 食品衛生責任者講習
  3. 飲食店営業許可
  4. ウーバーイーツ(UberEats)への登録
  5. 当たり前ですが、メニューの作成、撮影、値段設定

お酒の販売をしない前提ですが。

食品衛生責任者講習は1日で終わりますが、飲食店営業許可が取れるキッチンをサクッと持つのはむずかしいです。

そこで、cookpy(ククピー)なんですよね。

調べてみたんですが、UberEatsは、出店の初期費用は0円で、売れると手数料として、35%もっていくみたいですね。そこそこ、お金はかかりますが、固定費がないと考えると、いい気もします。

また、以下のブログで書いてありましたが、そこそこは利益が残るようです。

カレー屋さんと、UberEatsは相性がいいようですね!

思ったより結構注文が入る。今のところ1日5〜10件、食数だとその1.5倍くらい。手数料&原価&容器代引いてもぼちぼち手元に残る。店内とのカニバリもあまり感じない。おかげでバイト様方の時給少し上げられました。

引用:curry 草枕

https://currykusa.com/archives/3141

ちなみに、こんな情報もありました。

東京都でゴーストレストランを開業できる飲食業許可取得済みスペースまとめ【320スペース】
https://www.spacemarket.com/features/ghost-restaurant/cities/tokyo

飲食店は開業してから3年で7割が廃業し、10年で9割が廃業すると言われています

引用:よじげんスペース
https://4jigen.space/ghost-restaurant/

LINEで簡単テイクアウト「LINEポケオ」

LINEで簡単テイクアウト「LINEポケオ」:ガスト、バーミヤン等で開始