2020年1月 SEO変動|Google コアアルゴリズムアップデートで検索順位が・・

seo

2019年12月は、12月初~中旬にかけて、Googleの検索結果で順位が大きく動きました。

BERT(バート)アップデートが日本語に対応した影響といわれています。

2019年12月のSEO変動については、こちら

2019年12月 SEO変動|Googleの検索アルゴリズム変更、BERTアップデート

ちなみにBERT(バート)アップデートについては、過去にこちらで解説しています。

【SEO】BERTアップデートの解説、影響。その対応方法と2020年の戦略まとめ

さて、2020年1月のSEO変動はどうだったのでしょうか?

結論は、BERT(バート)アップデート後でも、容赦なく!?今度は、Googleさんが検索のコアアルゴリズムのアップデートをしてきました。

その結果、2020年1月の検索順位は、どのように結果、変わったのでしょうか?

検索順位の変動は、どんなカテゴリーのサイトで起きていたのでしょうか。

コアアルゴリズムのアップデートでも、2020年1月のSEO変動は、かなり大きかったようです。キーワードによっては、結構影響が出たみたいですよ。

2020年1月のGoogle検索結果の順位の変化を解説してみた。

2020年1月は、

2020年1月8日前後
2020年1月15日前後
2020年1月17日前後

で、Googleの検索結果の順位が変動していた模様です。

以下は、SEO変動の大きさを示す変動率です。

参考 SEMrush(エスイーエムラッシュ)
過去30日間のSEOボラティリティ
https://www.semrush.com/sensor/?category=&db=JP

検索結果の順位で表示順が変わったジャンルとしては、

健康と医学
就職、転職
美容、ファッション
IT総合
財務、金融、法律

でした。

ちなみに2019年12月に大きく検索結果の順位が変わった
カテゴリーは、以下のカテゴリーのwebサイトになります。

企業間取引(BtoB)
就職、転職
美容、ファッション
暮らし
結婚・恋愛

よく見てください。

就職、転職
美容、ファッション

の2ジャンルは、連月です。

前回ご紹介した、YMYL系のキーワードでSEO的に大きく順位変動しています。

再度解説しておくと、YMYLとは、お金、人生系キーワードです。

YMYL系のwebサイトは、続いているので、なかなかSEOに対して、力を割きにくい状態にあると考えられます。

ただ、就職、転職のキーワードにおいては、新卒シーズンというのもあるとは思いますので、そこも考慮にいれていかないといけないかと思います。

以前にも書いたように、Googleさんも、シーズンを意識して、アルゴリズムを動かしていそうですから。

2020年1月のGoogleコアアルゴリズムアップデートについて

コアアルゴリズムアップデートは、Googleの検索アルゴリズムのベース部分の大幅な見直しが行われて、そのプログラムが更新されることです。

ちなみに、Googleのアルゴリズム変更で勘違いされやすいのですが、

検索アルゴリズムの小規模更新は毎日行われます

そして、

コアアルゴリズムアップデートは年に数回(2~4回程度)

といわれています。

たとえば、2019年は、以下のような感じだったようです。

2019年3月・6月・9月のコアアップデート

引用:モバイル時代のSEO情報ブログ
https://www.web-planners.net/blog/archives/000346.html

ちなみに、今回のコアアルゴリズムアップデート。Googleによる事前告知のアナウンスがあったのです。

以下は、Google公式のTwitterでつぶやかれていたものです

なお、コアアルゴリズムのアップデートによって、順位は、数日動き続けます。

以下の記事でも記載されています。

ただ、コアアップデートが完全にロールアウトするまで数日かかり、その間WEBページは激しい上下動を繰り返す傾向にあります。

引用:EmmaTools 
【超速報】GoogleのSeptember 2019 Core Update最新情報まとめ
https://emma.tools/magazine/september-2019-core-update/

さらにいうと、今回のコアアルゴリズムのアップデートは、すぐに結果が全部出るものではなさそうです。

January 2020 コア アップデートの展開は完了したとのことです。
ただし検索に完全に反映されるまでには 2 週間くらいかかるかもしれません。

引用:海外SEO情報ブログ
【January 2020 Core Update】Google、2020年1回目のコアアップデートを実施
https://www.suzukikenichi.com/blog/google-rolls-out-january-2020-core-update/

ただ、コアアルゴリズムのアップデートによって、検索結果の順位が落ちても、落胆しないでください。一喜一憂せず、ホームページ、ブログを運用することです。

検索品質評価ガイドラインを確認し、自分のホームページやブログが「有益なコンテンツを持つwebサイト」であるかを考え直す機会ととらえてください。

2020年1月のSEO対策:コンテンツ、タイトルのリライトを。

一気に、検索結果の順位が下がるという事象が多発しているのが、2020年1月現在のSEOの状況です。

SEOでの集客をしているアフィリエイトサイトの運用者などは、結構ドキドキでしょうね。正直。

とはいえ、ここは、原点に帰って。

いいコンテンツを提供できているかを見直すべきです。

SEO対策として、いいコンテンツを作れているかを再度見直し、キーワードなどを再度検討する必要があるかと思います。

そのうえで、コンテンツのリライトをしてみませんか?

コアアルゴリズムアップデートにおけるコンテンツ見直しの手順として

  1. 順位が落ちたページを見つける
  2. 順位が落ちたページのコンテンツを見直す
  3. 順位が落ちたページの検索意図が何か?何を解決できるコンテンツかを見直す
  4. タイトル、そして、コンテンツ内容のリライト

まずは、リライトに着手をしていくのがよいと思います。

ここ1年で、良質なページを増やす方法の鍵として、権威性の重要度は増してきています。サイトとして、関連ページを多く持っているか?なども重要ですが、同時に、コンテンツ内での引用や、エビデンスを多く持っているかは、とても大切なSEOの要素をなっています。

コンテンツの正確性という意味でのユーザビリティはとっても大事です。

以下は、Googleがまとめた検索品質評価ガイドラインです。

Googleの検索品質評価ガイドライン
https://webmasters.googleblog.com/2015/11/updating-our-search-quality-rating.html

テクニカルにクローラビリティを意識したコーディングも重要ですが、それよりも、そもそも、そのコンテンツが、人から信頼されるwebサイトになっているか。

ここを意識していかないと、Googleの検索結果での上位表示はなかなか目指せません。

SEO対策で上位表示を目指しているなら、まずは、リライトで、コンテンツもアップデートしていきましょう!

まとめ:2020年1月 コアアルゴリズムアップデート対策にリライトを。

2020年1月、Googleは、コアアルゴリズムアップデートをしました。

その結果、Googleの検索結果の順位は、大きく変動。

月間で、3回も大きく変動しています。

Google検索結果の順位変動で、1度は、ブレ幅が、9を超えているんです。

2020年1月15日前後のコアアルゴリズムのアップデートによるものです。

検索キーワードのカテゴリとしては、以下のジャンルのホームページで検索順位における影響が出ています。

健康と医学
就職、転職
美容、ファッション
IT総合
財務、金融、法律

特に、12月から

就職、転職
美容、ファッション

は連続でした。

今回は、見直し+コンテンツのリライト!というSEO対策の方法を解説しました。

どのページが落ちたか。

情報の更新をしていくことで、そのページの権威性、正確性を高めていきましょう。

人に役立つホームページ、ブログのコンテンツを作っていきましょう。

2020年も、SEOの記事を引き続き解説していきます!!

2019年1月のSEO変動としては、Googleのおしごと検索導入でしたね。

【SEO対策マーケティング】2019年1月のSEO変動ニュース