見やすい字幕に今どこ機能!動画マニュアルで必要な編集はこの3つ

2019年は、Youtubeなどで、動画マニュアルを掲載しているケースが増えたな!という印象です。

たとえば、カインズオンラインショップなどが、このように掲載していたりします。

【カインズHOWTO】~電動工具の基礎知識~トリマーの使い方

このように、動画を使ったマニュアルは、どんどん増えているのですが、微妙なのも多いんですよね。

そこで、今回は、最低限!動画マニュアルでやるべき編集を3つご紹介します。

字幕、今どこ表示、短く切る!

この3つの動画編集です。

動画マニュアルがわかりにくい理由

動画マニュアルで、わかりにくくなる要素は、これの問題です。

  1. 音がないと、使えない動画マニュアル
  2. どこを見ればいいかがわからない動画マニュアル
  3. 長い。解説がだらだらして多い動画マニュアル

音がないと使えない動画マニュアルは、庭でも使いにくいです。長いと余計に使いにくいですね。そして、知りたい情報が、何分後かに掲載されているかがわからない動画マニュアルも使いにくいですね。

と、ケチを付けてばかりいないで、前向きに、必要な編集要素を記載していきます。

必要な要素:見やすい字幕

音を流せる環境で見れる、いすに座って、じっくり見れるといった落ち着いた状態で見ることを想定した動画マニュアルなら字幕は必要ありません。

ですが、だいたいは、スマホ片手に、見る場合が多いのが、動画マニュアルです。

この場合は、字幕が必要ですね。

最低でも、音を消しても、要点がわかるようにしないといけません。

また外国人の方に見せることも考慮しないといけない場合は、翻訳した字幕も必要だと思いますが、それは、別の動画で字幕をいれましょう。

日本語と、外国語とで、字幕が2重で作ると、スペースも難しい上に、わかりにくくなりますので、字幕の多言語化には気遣いが重要です。

字幕で大切なのは文字の可読性。

そこで、字幕には、

薄いグレー背景で、白抜き文字。

これが字幕の基本です。

よりわかりやすくしたいのであれば、TV番組とかを参考にするといいです。バラエティなどで、必ず、テロップ入りますが、あれを参考にしてください。

少し大きめのフォントでもいいです。

また、字幕が表示される部分の背景も着目してください。

重要な画像情報などが背面で表示されない場所にするなどの
配慮が必要です。

そして、、、これはコストの問題もありますが、見やすい字幕は、動画編集時に入れるようにしましょう。

本番公開後に、字幕をつけたりすると、結構時間がかかります。
結果、制作コストに跳ね返ってきます。

また、元データから編集しないと、フォントの変換などができないこともあります。

せっかく動画で作っているので、ビジュアル、気にしたいですよね!

必要な要素:現在地点の表示

Webサイト、楽天市場の購入画面(購入フロー)などを見ると、画面上部に、いま、自分が、どのSTEPにいて、あと、何をすれば、購入が完了するかがわかります。

このUI、UXは、動画マニュアルでもあると、とても便利です。

というのも、動画マニュアルは、最初から最後まで見ることが面倒なことがあります。音声もありますし、そこそこ、容量も重いからです。

そこで、今、どこにいて、このあと、どんな内容の説明になるかを、動画内でわかりやすくする必要があります。

楽天市場の購入フローをまねして、動画の上部にまとめていれれば、それで十分です。

必要な要素:5分前後にまとめる

上記の現在地点の表示でも書きましたが、動画マニュアルの場合、長いと、見ません。かといって、内容がなければ、動画マニュアルの意味がありません。

視聴率をあげる、使いやすい動画マニュアルにするには、1動画あたり5分以内で、内容を区分けするようにしましょう。

そもそも、動画マニュアルと、PDFなどのマニュアルとの違いは、図などが写真・動画の形式になって、リアルなものを通して見れることが利点なのです。そこに留意して、動画マニュアルを制作すれば、十分です。

だからといって、動画のマニュアルは、速過ぎてもいけません。

動画を短くすることに注力しすぎて、説明と説明の間が足りない、速い展開でわけがわからないとなっては、本末転倒です。

基本的に、手順の切り替わりの間には、若干の余白として3秒くらいの間を空けるようにしていきましょう。

また、完成前に動画を見たことのない人に見てもらって、早過ぎないかを確認してもらうといいですね。

まとめ:動画マニュアルを作るときの編集は、最低3つ

動画マニュアルを作る際に、気をつけて欲しい、最低限は3つの編集ポイントです。

  1. 字幕
  2. いま、どこを作る
  3. 短くする

上記が基本です。

ここの細かいことも留意すべき点もありますが、最低限、ここを意識してみてください。

 

1台5分で、windowsパソコンのセキュリティアップ。

中小企業向け!1台5分でできるパソコンの簡単セキュリティ対策 2つの方法