【5分でできる】GoogleのDSP(ディスプレイ広告) GDNの設定方法を簡単解説!

リスティング広告は、多くの企業で自社運用がされ始めています。しかし、GoogleのDSP(ディスプレイ広告)であるGDNは、意外と、自社運用されません。

何人かのweb担当者に聞いてみました。

すると

  • 設定の方法がわからない
  • 適当に設定しても効果がでない

という声を聞きました。

確かに後者の話は当たり前で、リスティング広告でも同じことが言えるのですが。

圧倒的に、GDNの知識不足の問題のようです。

ということで、今回は、GDNの設定方法を簡単に解説していきます!

GDNの設定方法:まずは、Google Ads EditorをDL

GDNを設定する時に、必要なツールからご紹介します。

これがあると、比較的、楽にGDNの設定ができます。

そのツールが、Google Ads editor(グーグルアズエディター)です。

Google Ads Editor公式サイト

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/ads-editor/

まずは、Google Ads Editorをダウンロードして、インストールしてみてください。

GDNの基本的な設定方法

GDNは設定が重要です。

まずは、以下のことを決めましょう。

  • ターゲットの属性
  • 広告を通して、何をさせたいか

いわゆる、広告の目的ですね。

これを念頭に、決めて設定していかないと、GDNの設定がもれるので、まずは、ここから決めてください。

キャンペーン名、キャンペーンタイプを決める!

キャンペーン名は、自分がわかりやすい名前でOKです。

自動設定 とか、でもいいですね。

キャンペーンタイプはDSPなので、ディスプレイを選択してください。

そして、検索パートナーは無効で、ディスプレイネットワークは有効にしてください。DSP広告なので、この辺は、さらさらとすすめます。

予算とスケジュールを決める

ここで決める予算は、1日あたりの予算です。

最初は、予算少な目をオススメします。ターゲットの動きが見えないので、スモールスタートをオススメします。

スケジュールの設定は、広告開始日の指定がある場合に使うかんじですね。

単価設定は、拡張クリック単価でいきましょう。

コンテンツの除外を設定

コンテンツの除外は、サービスや商品とあわないコンテンツの除外で活用します。

多くの場合は、デリケートなコンテンツ、ドメインパーキングは、はずしておきます。

掲載されるコンテンツによって、CVも出ないので、しっかりとはずしておきましょう。

ターゲットの設定

まず、ターゲット地域については、エリアマーケティングするなら、使う感じです。池袋のユーザーにだけ、露出したいなら、池袋を選ぶ感じです。

また、ターゲティング方法と除外設定は推奨を使ってください。

広告のローテーションは、広告クリエイティブで、ABテストをしたいなら、均等にしてください。基本は、最適化でいいと思いますが。

フリークエンシーキャップとは、1ユーザーへの接触回数の上限設定をする機能です。DSP広告では、これが重要です。多くのユーザーに配信したいなら、限りなく小さい値にしてください。CVを狙うなら、頻度をあげてもいいと思います。

最後に、勝手に、広告が配信されないように、キャンペーンのステータスをオフにしておきましょう。

広告グループの設定方法

最初に設定するのは、広告グループ名です。これは管理しやすい名前でいいです。

上限クリック単価は、自動プレースメントの場合、最初は、スモールスタートで行くなら、なるべく安い金額設定でよいです。

表示させたい場所の設定は、重要です。しっかりと、プレースメント、トピック、キーワードを考えて、設定しましょう。

リマーケティングは必ず設定しましょう。リマーケティングは、サイト来訪者へのプッシュ広告になりますので、CVを出しやすくなります。

CV類似ユーザーは、CVがでたユーザーの興味関心に近いユーザーに広告を配信してくれる機能なので、これも活用しましょう。

ユーザー属性も、ターゲットを意識して、設定してください。

ちなみに、キーワードの設定で、自動プレースメントを使うと、Googleが自動的に掲載先を選ぶことで、関連のないサイトでも広告掲載されるときがあります。

GDNで広告配信後にプレースメント除外で、適時はずしていってください。配信後ではないとできないのが、たまに傷ですが、仕方ないですね。DSP広告の性質上。

広告クリエイティブの設定

あとは、広告で使う、バナーとURL、テキスト文を入れていくだけです。

テキストは、拡張テキスト広告で設定可能なので、管理画面からみてみてください。

バナーサイズですが、2019年では、以下が、PCとSPとで共通で使えるサイズなので、最低限、このバナーサイズがあるといいと思います。

  • 300×250ピクセル
  • 336×280ピクセル
  • 200×200ピクセル
  • 250×250ピクセル

レスポンシブ広告なら、

  • 1200×628ピクセル
  • 300×300ピクセル
  • 180×180ピクセル(ロゴ画像用)

を用意してください。

LP制作のコツ

2019年 LP制作のコツ:ファーストビュー勝負!5つの秘訣を簡単解説

SEO対策にオリジナルコンテンツ。一次情報

VRで購入意欲が高まる人は42%。動画マーケティングの営業力