【VPS】ワードプレス 簡単導入 Amazon Lightsail セキュリティ 高く おすすめ

VPS(Virtual Private Server) サーバについて、以前にご紹介しましたが、反響が高かったので、今回は、amazonが提供するVPSサーバサービス、Lightsail(ライトセイル)について、ご紹介します!

ちなみに前回VPSをご紹介した記事はこちら↓

初心者向け VPSとは クラウド サーバ との 違い メリット を 3分 解説!
https://saras-wati.net/web-make/vps-server/

Virtual Private Serverの名のとおり、仮想専用サーバーのVPSですが、amazonクラウドも仮想サーバですよね。EC2と呼ばれるアマゾンのwebサーバとの違いは何でしょうか?

Lightsail(ライトセイル)の活用方法や、実は、ワードプレスの導入が簡単なLightsailについて、ご紹介していきます。

Amazon Lightsailとは

Amazon Lightsail 公式ホームページ
https://aws.amazon.com/jp/lightsail/

Amazon Lightsailとは、AWS(Amazon Web Services)が提供するVPSサービスです。

VPSなので、EC2やRDSのような高いスペックではございません。

どちらかと言うと、さくらインターネットさんが提供している、共有プランのホスティングサービスに近いですね。

そもそも、Amazon Lightsailのいいところは、

  • 手軽さ
  • 料金の安さ
  • 簡単に使えること

なので、ハイスペックを求めるサービスではありません。

Amazon Lightsailは、原則、Webアプリをさくっと作りたい!環境構築にコストをかけたくない!!というニーズに対して、生まれたサービスだと思っていてください。

ただ、VPSの良さは、Amazon Lightsailにも生きています。

たとえば、Amazon Lightsailには、こんな機能があります。

  • ドメインのレコード設定が簡単
  • SSH接続が簡単
  • アプリケーションが入れやすい

また、AWSらしさもあり、

  • 簡単にリソース追加可能
  • スナップショットでのバックアップ可能

といったところもあります。

Amazon Lightsail 利用シーンは?

先ほども記載しましたがAmazon Lightsailは、ハイスペックではありません。

しかし、さくっと環境構築ができます。

それゆえ、Amazon Lightsailの利用シーンは

  • Wordoressで構築したwebサイト
  • 単純なwebアプリ
  • 単純な業務アプリ
  • テスト環境

といったところが、Amazon Lightsailの利用シーンです。

WordPressと相性がよく、誰でも簡単にワードプレスをAmazon Lightsailに導入できます。これは1つの魅力ですね!

サーバに詳しくなくても、セキュリティやバックアップを充実させたい!と思っているワードプレスの利用者の方にもおすすめです。

Amazon Lightsail と EC2 比較

よく質問される話で、

Amazon Lightsail と EC2 何が違うのでしょうか?

という話があります。

AWSというくくりでは同じですが、結構、EC2とAmazon Lightsailは違います。

ではさっそく、Amazon Lightsail と EC2 の違いを比較してみましょう。

まず、料金です。

値段がAmazon Lightsailは、安いです。

最低料金は、月額、3.5ドル。

日本円で考えると、月額500円くらい。

上記の料金で、Lightsailは利用が可能です。

*金額は、2020年12月現在

また、月額費用は、変動ではなく、原則固定です。

安心価格ですね。Lightsailなら。

また、LightsailはVPSなので、もともと、いろいろな機能がインストールされています。ロードバランサーなども設定すれば、すぐ使えます。

比較すると、EC2は、箱に近いので、自分でストレージ機能などを組み合わせていく必要があります。RDSも組み合わせが必要ですよね。

拡張性で考えると、EC2のほうが圧倒的に有利です。

高いCPUパフォーマンスを要求される場合、EC2であらかじめ構築しておかないと、あとで、大変なことになります。アプリが動かない!なんてことにもなりかねません。

それゆえ、効率面を考えると、EC2であらかじめ構築しておくくらいのイメージのほうがいいかもしれませんね。

Amazon Lightsail 導入 メリット

上記で記載したように、Amazon Lightsail 導入 メリットは、単純に

  • 安い
  • 導入が速い
  • 導入が簡単

というところになります。

それゆえ、ワードプレスで作ったコーポレートサイトなどであれば、複雑なアプリケーションもないので、Amazon Lightsailで導入するメリットが出てきます。

ただ、ここにパーソナライズなどの機能を足していくと、難しいかもですね。

Amazon Lightsail ワードプレス 導入

Amazon Lightsail で、実際にワードプレスを導入する手順をまとめます。

すごく簡単に、Amazon Lightsail なら、ワードプレスを使えます。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインイン
  2. Amazon Lightsail管理画面へ
  3. インスタンスの作成
  4. Linux/Unix と WordPress を選択
  5. 料金プラン選択
  6. リソース名登録
  7. ネットワーキング メニューへ
  8. 静的IPアドレスを作成
  9. インスタンスへのアタッチ
    (先ほど作成のインスタンスを設定)
  10. 静的IPの指定は そのまま
  11. SSHを使用して接続
  12. コンソール画面にて、以下を記載
    cat bitnami_application_password
  13. ワードプレスの管理画面のパスワードが表示
  14. 静的IPアドレスをブラウザに入力
  15. 末尾に/wp-adminと入力
  16. これで、ワードプレスの管理画面に遷移
  17. ユーザー名は user で パスワードを入力

というかんじで、ワードプレスへのログインができます。

さくさく進めますよ!

Amazon Lightsail セキュリティ

Lightsail セキュリティは、結構いいものです。

さすが、AWSといったところでしょうか。

たとえば、以下の機能があります。

  1. ファイアウォール機能
  2. 自動スナップショット機能

の2つです。

ファイアウォールは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、外部からの攻撃を防いでくれる機能で、サーバの安全性を高められます。

自動スナップショット機能は、バックアップを自動でとってくれる機能です。たとえば、自動で毎日データをバックアップするなどが可能です。

ただし、最新のスナップショットは7枚までとなります。それでも、七世代分のバックアップが、自動的に取れるなら、それはいいですよね。

なお、2020年12月時点では、WAFが使えないので、セキュリティ的には不安かもしれませんね。

wafの詳細はこちら

まとめ Amazon Lightsail おすすめ VPS?

いかがでしたでしょうか?

Amazon Lightsail。

月々の利用料金、定額というのは、大きいですよね!しかも、500円程度。

WordPressの導入も簡単で、ウェブサイトの構築などには、十分なサービスのVPSです。セキュリティ的にも、バックアップを自動でとってくれる自動スナップショット機能や、ファイアウォール機能などもあるので、安心ですね。

EC2ほど、高いスペックではないので、複雑な仕組みのアプリケーションには向きませんが、さくっと、迅速にアプリを作りたい!とか、テスト環境としての利用にはおすすめですね。

google クラウド を学ぶ。AWSとの違いは? クラウドサービス 比較