無料のクラウド型シフト管理サービス『oplus』がリリース

正社員、バイトやパートタイムのシフト管理ツールって、意外と多いのをご存知ですか?そして、この市場は1IDで、いくらという単価モデルで展開されていて、それによって、販売者は月額の収益を得られるというモデルになっているんです。

それが、なんと無料。シフト管理ツールは、飲食店などで、1店舗当たり、10名に発行しても、数千円の月額コストだったのが、このoplusを活用すると無料なんです。これはお得ですよね。考え方ですが、マッサージやエステの個店なども、こういうのをどんどん使っていくケースは増えていくんでしょうね。

無料のクラウド型シフト管理サービス『oplus』とは

Oplus株式会社(本社:東京都板橋区)は、無料のクラウド型シフト管理サービス『oplus』のサービスを開始。

もちろん、シフトを管理するためのツールです。

無料のクラウド型シフト管理サービス『oplus』とは

初期費用、月額利用料が無料
いつでも、どこでもシフト提出が可能
従来のシフト作成と併用可能

機能もコミュニケーションに特化したもので、シンプル。

無料のクラウド型シフト管理ツールだから、メルアド登録で登録完了後、すぐに利用できるという特徴もあります。

Oplus株式会社
https://www.opluswork.com/

考察:シフト管理ツールの背景

実は2018年、作者もこのシフト管理ツールのビジネスについて考えていました。継続収入になると考えたからです。

シフト管理ツールは需要もあります。

  • 店長業務の悩みどころ、煩雑なシフト管理
  • シフトの把握をしないバイトが多い
  • 紙で何度も作り変えると手間
  • 空いている人材を探すのが大変

市場的に言うと、飲食店では、クラウド型のシフト管理ツールを利用している店舗は約6.5%。まだまだ少ないんですよね。これは、使うのが大変だから、という背景もありますが、無駄なコスト、という認識が強いからです。

ただ、このシフト管理ツールと、空き時間の労働力を提供できる会社が連携すれば、ビジネスモデルは変わってくるかもしれません。マッチングのツールとしての機能が働くからです。人手不足が叫ばれる世の中。働き方改革をITでマネジメントするのは、実は、効率化もそうですが、コスト低減、人材確保につながるのではないかと思っています。

大規模チェーン店であれば、近隣の店舗で、空いている人材を使いまわせれば、導入のケースは増えそうだなと思っています。採用コストのほうが高いですからね。採用コストと天秤にかけて、どちらが企業にとってメリットが出てくるのか。その点をどう考えるかが、ポイントですね。

出典:PRTIMES
無料のクラウド型シフト管理サービス『oplus』がリリース開始!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000040526.html