【O2O事例】広島県福山市がスマホアプリ「楽天チェック」でのポイントラリーキャンペーンを実施

020事例で、楽天ポイントを活用したキャンペーン事例がでてきたので、ご紹介いたします。キャンペーンのやり方自体は、いつものパターンなのですが、楽天のアプリなので、集客力が高いことが強み、プラスアルファ、楽天サイト内で、現地までの足があること、提供可能なことが強みになりますね。

「楽天チェック」を活用したポイントラリーキャンペーンの概要

2018年11月1日~12月31日の間、スマホアプリ「楽天チェック」によりチェックインを行うことで楽天スーパーポイントが発行される『チェックインスポット』を、福山市内に78箇所、用意されます。

楽天チェックを起動し、当キャンペーンにおいて設定しているチェックインスポットにチェックインすることで、くじ引き形式により楽天スーパーポイントが付与されます。さらに、3カ所チェックインするごとにボーナスポイントも、「もれなく」プレゼントされる仕組みです。

【チェックインスポット】
1 福山駅周辺
福山城、福寿会館、ふくやま美術館など

2 鞆の浦
鞆の浦観光情報センター、福山市鞆の浦歴史民俗資料館、仙酔島など

3 北部エリア
菅茶山記念館、福山市神辺歴史民俗資料館、福山市しんいち歴史民俗博物館など

4 南部エリア
阿伏兎観音、神勝寺 禅と庭のミュージアム、平家谷

5 西部エリア
松永はきもの資料館

この他にも、備後の地魚応援団が認定した備後フィッシュの食べられる店舗、38店舗(福山市)が楽天チェックの対象スポットになっています。

つまりは、福山市の観光名所と観光向けのレストランですね!

ポイントラリーキャンペーンの背景

2017年2月16日に締結した「福山市と楽天株式会社との連携協力に関する協定」に基づき、広島県福山市で観光誘客の促進に関する取組として実施された模様です。

福山市のほうでも、以下のようなお知らせを出しています。
https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/form/detail.php?sec_sec1=4&check

広島県福山市について

福山市は、広島県の東南部に位置します。新幹線「のぞみ」も停まる街です。100万本のばらが咲き誇る「ばらのまち」としても有名です。「潮待ちの港」として栄えており、日本遺産に認定された景勝地「鞆の浦」や、2022年には築城400年を迎える「福山城」、2つの国宝をもつ寺院「明王院」などの名所があります。
デニム生地などの産業が有名で、デニム生地については、世界のハイブランドにも活用されています。

参考ですが、鞆の浦は、ジブリ映画「崖の上のポニョ」の舞台にもなった場所です。それゆえ、結構ジブリファンの方は、見に来たりされる方も多いようです。
▼公式サイト 鞆の浦(とものうら)
https://tomonoura.npnp.jp/

個人的には、福山城なども見てみたい場所ですね。
https://www.jalan.net/kankou/spt_34207af2120008914/

福山市公式ホームページ
https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/

参考 News2uリリース
http://www.news2u.net/releases/163484