AIの活用事例を無料で検索できるwebサービス e.g.(イージー)

AI(人工知能)を活用したシステムは、どんどん普及していっています。といっても、その大半は、チャットボットです。

それゆえ、まだAIを使い切れているという状況ではないのが、2019年11月の状況です。

まだまだ、AIを活用したシステムの導入は、仕切れていない、その背景は、結局、AI(人工知能)に関しての知識が少ないから、なんですよね。

AI(人工知能)があれば、なんでもできる、、、みたいなイメージの方もいるかもしれませんが、これはシステムやプログラムがあれば、何でもできると同じレベルの話ですし。
では、知識をつけるために、今まで、どんなAIが出来てきているのかを知るのが一番ですよね。具体例なので、イメージもつきやすいですし。

それができるのが、AIの活用事例を無料で検索できるwebサービス e.g.(イージー)なんです。今回は、e.g.(イージー)について、解説していきます。

AIの活用事例を無料で検索できるwebサービス e.g.(イージー)とは

e.g.(イージー)公式サイト 
https://ledge-eg.com

e.g.(イージー)は、AI特化型メディア「Ledge.ai」を運営する株式会社レッジのwebサービスです。

e.g.(イージー)は、AIを使ったサービスやシステムなどの活用事例を検索できるwebサービスです。e.g.(イージー)は、株式会社レッジによって、Open-β版が2019年11月18日にリリースされました。2020年初頭に正式版が出るようで、楽しみですね。

e.g.(イージー)の便利な機能、コンテンツ

e.g.(イージー)は、AI活用事例の検索ができるwebサービスですが、こんな特徴があります。

  1. 利用は無料
  2. 事例掲載数 国内1位(※株式会社レッジ社調べ)
  3. 業界、用途、技術での複合検索OK
  4. 事例掲載企業への問い合わせも可能
  5. 事例を保存できるClip機能

また、e.g.(イージー)は登録制になっていますが、その場で、すぐにできる会員登録なので、さくっと2、3分で会員登録も出来ます。

e.g.(イージー)は、リサーチ的な部分でも活用できそうですね。

e.g.(イージー)で絞り込める業界は?

e.g.(イージー)では、AIの利用されている業界を絞り込めるのですが、以下の業界で絞り込めます。

  • 金融/保険
  • 不動産
  • 小売/サービス
  • 交通/運輸
  • 情報通信
  • エネルギー/インフラ
  • 製造
  • 建設
  • 農林/水産
  • 食品/飲料
  • エンタメ
  • 教育
  • スポーツ
  • 医療/福祉
  • アパレル
  • 政府/行政
  • メディア/広告
  • 商社
  • 自動車
  • 人材
  • その他

結構細かく絞れるんです!

e.g.(イージー)で絞り込める用途は?

e.g.(イージー)で絞り込める用途の項目は以下になります。

  • オートメーション
  • 営業/マーケティング
  • セキュリティ
  • 品質管理
  • バックオフィス
  • 経営/マネジメント
  • カスタマーサービス
  • 物流管理
  • 研究開発/サービス開発
  • 意思決定支援
  • 社会問題の解決
  • その他

チャットボットとか、言語処理とか、そういう言葉で出てくるのかと思ったのですが、そういうわけではないんですよね。

むしろ、技術のカテゴリが、それに近かったですね。

  • テキストマイニング
  • 文章生成
  • 機械翻訳
  • チャットボット
  • 音声認識/音声合成
  • 画像認識/画像生成
  • 動画処理
  • 文字認識/OCR
  • 予測
  • RPA
  • 異常検知
  • 情報検索/探索
  • レコメンド/マッチング
  • その他

こんなかんじでした。

AIの国内企業での導入状況

AIの導入は、あんまり進んでいないみたいなんですよね。

国内民間企業515社のAI導入率は2.9%、業種別では流通業が最も低く0.8%に留まる

引用 株式会社矢野経済研究所
業種別AIの導入状況に関する法人アンケート調査を実施(2018年)
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2040

AIが導入されない背景は、前述のとおり、知識だと思います。

何ができるか?がわからないと、ソリューションとして、でてこないんですよね。

結局、そこの汎用化なのかな?と感じました。

実際、e.g.(イージー)で調べてみた。

e.g.(イージー)を使ってみた感想ですが、非常に使いやすいです。

ページ送りは、使いにくいですが、文字をよむのが苦にならない人にはとてもいいサービスですね。PC、タブレットでないと、読みにくいかもですが。

個人的に面白いと感じた事例は、twitterの投稿をAIで文章作成してくれるシステム。

これはいいな!と思いました。文章作成なので、データは必要ですが、その元があれば、可能になるんですよね。

しかも、アイコンとかも作ってくれていたみたいですし。

また、事例をざっとみていると、多いのが、問題発見、トラブル発見というものが多くみれましたね。AIだから、たくさんの情報を読み込んで処理できるので、そういったものの方が、システムとしては作りやすいのでしょうね。

created by Rinker
¥1,650(2019/12/13 22:09:54時点 楽天市場調べ-詳細)

出典:PRTIMES
AI特化型メディアLedge.aiを運営のレッジ、AIの活⽤事例を探せる検索プラットフォーム「e.g.」を発表
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000030320.html

無料!AIでInstagramのハッシュタグをレコメンド

AIでInstagramのハッシュタグをレコメンドしてくれる無料ツール「BuzzSpreader #AI」