【 掛け払い サービス とは 】掛け払い代行サービス デメリット は?企業間決済 効率化へ

法人向けのサービスでも、1回の取引で、数百万円の取引もあれば、5,000円の取引もあります。その支払い方法は、現金、まとめて請求書支払い、カード決済、銀行振替など、さまざまな決済方法があります。

この中で、まとめて請求書払いという決済のスキームは昔からありますが、近年では、このまとめて請求書払いを、掛け払いサービスと呼んだりして、その掛け払いを代行するサービスも登場しています。

そもそも、掛け払い サービス は、従来からある企業間取引のベーシックなものですが、ここに、代行会社が出てきているのは、なぜなのでしょうか?

この記事では、掛け払い サービス に、フォーカスして、掛け払い サービスとは何か?この掛け払い サービスの代行業とはどんなものか?どんなメリット、デメリットがあるのか?そして、おすすめの掛け払い サービス 代行会社は、どんなところがあるのか?などをまとめていきます。

掛け払い サービス とは

掛け払い サービス とは、一定期間に行った取引を、まとめて決済、支払ってもらう決済、支払い方法のことを指します。この場合、まとめた分の料金を算出するために、掛け払い サービスの場合、請求書を発行して、金銭の授受を行います。

請求書払いは、一般的に多い流れとしては、月末締め翌月末払いです。これはあくまで、各企業ごと、取引ごとによって定められるもので、常に、同じ、支払いのフローになるとは限らないので、契約書や発注書などによって、定められます。

掛け払い サービス の場合、請求書で金額を提示するため、請求書払いともいわれていますが、掛け払い サービス 代行会社は、この請求書の発行などもしてくれるのです。

そもそも、掛け払い サービス のメリットは、

  1. 支払い回数が1回と効率的
  2. 収支が分かりやすい、計算できる
  3. 振込手数料が少なくなる

といったメリットがあります。

しかし、近年では、このメリットは、どんどん薄れていっています。

なぜなら、

  • 請求書の発行、計算が面倒
  • 請求書の発送に時間がかかる
  • 請求書を発行しても、払ってくれない

こういった事象があるからです。

とくにコロナによって、会社に出社しない事務職も増えて、請求書のとりまとめ、発送業務が大変になるケースが増えています。

そこで、登場したのが、この 掛け払い サービス の 事務作業などを代行してくれる会社です。

掛け払い サービス 代行 会社 の 業務

では、掛け払い サービス 代行 会社 は、どんな業務をしてくれるのでしょうか?

一般的には、掛け払い代行サービスでは、こんな業務を代行してくれます。

  1. 企業与信
  2. 請求書の発行
  3. 請求書の発送
  4. 請求代行
  5. 督促業務をしてくれます。

企業与信をしてくれるので、取引していい企業かどうかの判断をしてくれます。これによって、取引開始までの手続き、時間を軽減化できます。

取引、請求内容をツール内などに記載すれば、掛け払い サービス 代行 会社 は、請求書を、オンラインあるいは郵送にて、先方に発送、送付してくれます。もちろん、請求書として紙で印刷してくれます。

掛け払い サービス 代行 会社 によっては、納品書も一緒に送付してくれます。

掛け払い サービス 代行 会社 は、請求自体の代行もしてくれます。そもそも、その請求書に身に覚えがあるかどうかを確認してくれ、誤った請求などがないように確認をしてくれます。

最後が督促業務です。いわゆる、お金を払ってください!という督促をしてくれます。掛け払い サービス 代行 会社 の多くは、先に、請求内容にそって、契約した企業に、支払いをしてくれるため、掛け払い サービス 代行 会社 と契約すると、未回収リスクが減らせるというメリットが出てきます。

掛け払い代行サービスには督促業務があるからこそ、掛け払い代行サービスは、100%の代金保証をしてくれるのですが、その結果、仮に取引先から代金をもらえなくても、掛け払い サービス 代行 会社が、その代金を支払ってくれるのです。

いいことづくめですが、意外とそうでもないこともあります。

掛け払い サービス 代行 デメリット

掛け払い サービス 代行 会社 の デメリットも、実はあります。

  1. 相手が請求内容を拒否すると、代金を払ってもらえない
  2. 掛け払い サービス 代行 会社 に 取引先情報がわたる
  3. 企業イメージが下がる
  4. 手数料が発生する

大きなデメリットは、上記です。

とくに、掛け払い サービス 代行 会社 が 請求した内容に対して、取引の相手側が、その請求内容に対しては、身に覚えがない、拒否などをすると、掛け払い サービス 代行 会社は、代金を、契約した会社に払ってくれません。

こうなると、取引先と裁判をするなどになります。

掛け払い サービス 代行 会社に対して、取引先の情報を開示しないといけないこともデメリットの1つといえます。

セキュリティ的に、NGとする企業もいます。そもそも、担当者の情報も個人情報なので、セキュリティ違反になります。

掛け払い サービス 代行 会社を利用していると、あそこは、お金にうるさい会社だと、企業イメージが下がる、というケースもあります。最近は減少していると思いますが。

掛け払い サービス 代行 会社への手数料が発生します。3~10%程度で、クレジットカードの決済手数料と、大きくは変わりません。ただ、それでも、減収になりますよね。これをデメリットとらえるかどうかです。

おすすめ 掛け払い サービス 代行 会社

おすすめ できる 掛け払い サービス 代行 会社を、ご紹介していきます。

NP掛け払い

NP掛け払い 公式ホームページ
https://np-kakebarai.com/

与信から請求書発行、督促までの決済関連の業務プロセスを代行してくれます。
未回収リスクを100%保証すると、webサイトでは掲載しています。
もちろん注意事項はあると思いますが。

与信通過率実績 98% と、高い水準で、与信を通してくれます。
2000年ごろから展開している非常に老舗のサービスです。

運営会社は、ネットプロテクションズ

株式会社ネットプロテクションズ 企業サイト
https://corp.netprotections.com

Paid

Paid ペイド 公式ホームページ
https://paid.jp/

Paidも、請求代行と未払い時の保証がセットになった決済サービスで、与信審査、請求書発行、入金管理、督促業務などを、Paidが代行してくれます。

すべての情報登録は、Web完結なので、テレワーク中や在宅勤務でも対応可能。

取引先の与信審査にかかる時間も短く、最短即時で、長くても3営業日程度で審査が完了するというスピード。

ただし、法人しか利用できないサービスになっています。

Paidの運営会社は、株式会社ラクーンホールディングス(東証一部上場)のグループ会社なので、信頼できる企業になっています。

クロネコ掛け払い

クロネコ掛け払い 公式サイト
https://www.yamato-b2b-pay.com/

クロネコ掛け払いは、ヤマトクレジットファイナンス株式会社が提供しています。

少額でも、個人事業主が取引先でも利用ができます。

与信から請求書発行、集金、入金管理、督促業務、すべて対応してくれます。与信は、最短5分で与信結果をだしてくれるそうです。

もちろん、売掛金を100%保証は同じです。国分首都圏株式会社、プリントネット株式会社などが、利用事例として掲載されています。

クロネコヤマトグループなので、安心して任せられるのもいいですよね。

まとめ 掛け払い サービス で 請求業務 効率化

いかがでしたか、掛け払い サービス。

掛け払い サービス 実際 利用してみると、本当に、速い与信で驚きます。

今年立ち上げたばかりの、マンションの一室 企業 でも、与信が通ったりします。

掛け払い サービスを導入すると、請求書発行や、支払いがなかった場合の督促の手間が軽減されるのは、大きいです。そもそも、取引量が増えれば増えるほど、ここらへんの事務は大変になりますし、人件費もバカになりません。

掛け払い サービス を 代行 していけば、効率よく請求業務を行うことができますし、与信業務も進むので、うれしいことも多いです。また、実際に、未回収リスクが軽減できますしね。

掛け払い サービス ちょっと、考えてみませんか?

ラジオトークとは Radiotalk で 簡単 ラジオ番組! 音声配信 で 収益 獲得へ!!