直帰率とは 離脱率 との 比較 直帰率の目安 平均 原因などをまとめて解説

企業サイトのアクセス数や、ログレポートなどを見ていると、直帰率について、調査をしているケースがあります。コメントとしても、直帰率について、言及しているレポートも多く、非常に良心的だと感じます。

しかし、直帰率について、正しい知識を持っていないweb担当者が多いのも事実です。直帰率が高いことの問題点や、改善方法など、意識をしておいたほうが良いケースもあります。

直帰率が高ければ、Webサイトの改善をする必要もあります。しかし、必要がないケースもあります。この違いは何でしょうか?また、直帰率の高いページの問題点は何か?直帰率の平均はどのくらいなのか?離脱率との違いは?改善方法はどんな方法があるのか?

この記事では、もろもろ、直帰率、そして、離脱率との比較をしながら、いろいろとweb分析について解説していきますね!

直帰率とは

直帰率とは、直帰したセッション数の割合のことと定義されます。

簡単に言えば、直帰率とは、入り口のページだけを閲覧して、他のページに遷移せず、離脱したセッションの数で、例えば、web広告をクリックして、ページに遷移したけど、別のサイトのページに遷移した場合などの比率です。

ちなみに、Googleアナリティクスでも、この直帰率の定義は、同じです。

Googleアナリティクスの直帰率は、最初のページだけを見て離脱してしまったセッションの比率を指します。

参考 直帰率 – アナリティクス ヘルプ
https://support.google.com/analytics/answer/1009409?hl=ja

直帰率が高いことの問題点は、

  1. ユーザーがサイトでアクションしてくれない
  2. ユーザーの求めるコンテンツ提供ができていない

この2つですが、意外と、問題視されていないのは、後者です。

何が問題になるかというと、後者の方は、SEOに影響してきます。

上位表示されるページは、直帰率が低いのです。

それゆえ、この部分は問題視されるべきですし、改善を進めるべき点になります。

具体的には、直帰率は60%程度には納められるようにがんばりましょう。

では具体的に、直帰率の計算方法について、進みます。

直帰率 計算方法

直帰率は、webサイト全体で計算しますね。

サイト全体の直帰率計算方法

サイト全体の直帰率=(直帰セッション数÷全体セッション数)×100

上記で、計算できます。

なお、ページごとであれば、ページのセッション数を分母にすればOKです!

さて、直帰率と比較されがちな、離脱率について解説します。

直帰率 離脱率 の 違い

離脱率とは ページが閲覧開始された回数のうち、どのくらいの割合で離脱されたかを表す指標となります。

直帰率と変わらない気がしますよね?

簡単に書くと、違いがわかります。

離脱率とは ホームページを訪問したユーザーが、どこのページで離脱したのかを示した割合です。

つまり、webサイトから離脱する確率です。

参考 離脱率と直帰率の違い – アナリティクス ヘルプ
https://support.google.com/analytics/answer/2525491?hl=ja

基本は、100%に向かいます。離脱率は。

ちなみに、離脱率は、高いから、ヤバイ!という指標とは限りません。

なぜなら、目的があって、去っていくケースや、満足をして去っていくケースがあるからです。

ECサイトなら、モノを買って、ECサイトを閉じる。

当たり前の動作ですよね。

それゆえ、直帰率と違って、離脱率が高いからといって、悲観する必要はありません。

ところで、直帰率の平均値ってどんなものでしょうか。

直帰率 平均

直帰率 平均 は、アメリカのサイトで、参考になるものがありました。

直帰率の平均は大体60%なんだそうですよ!

参照
Brafton 2017 Content Marketing Benchmark Report
https://www.brafton.com/blog/strategy/brafton-2017-content-marketing-benchmark-report/

ちなみに、

  1. BtoB(法人向けサービス)の直帰率 は 61%
  2. BtoCの直帰率 は54.2%

となります。

業界別の直帰率の平均です。

  • 金融 53%
  • 病院・ヘルスケア 55%
  • 医療・医薬品 55%
  • 不動産 58%
  • コンピュータ・ソフトウェア 61%、
  • IT系サービス 64%
  • 経営コンサルティング 68%

だそうです。

ただ、アメリカのデータなので、日本では少し変わるかもしれませんね。

次は、チャネルで比較をしてみました、直帰率。

チャネル別 直帰率 目安

チャネル別 直帰率の目安を記載していきます。

  1. 検索エンジンからの自然流入:30~50%
  2. web広告流入:60~80%
  3. ブログ流入:70~80%

というかんじです。

いずれにせよ、直帰率が高いのは、広告ですが、

これも使い方次第にはなっています。

直帰率の高いページを探す方法

直帰率の高いページの見つけ方は、わりと簡単です。

サイト全体の直帰率よりも高いページをピックアップしましょう。

ただし、月間のアクセス数が、100セッション超えているページに限定して、この直帰率の改善は行うべきです。

アクセス数の少ないページにも、この対策を行おうとすると、下手をすれば無駄な労力になるかもしれないからです。

それゆえ、アクセス数の少ないページは、noindex対応をしておくのがSEO対策上は、よいかと思っております。

直帰率が高い 原因

直帰率が高い 原因 は、主に、これですね。

  1. ニーズとコンテンツの不一致
  2. ページが重い
  3. スマホ用のページがない
  4. 導線とページの中身が一致しない

たいていの原因はこれです。

特に1番ですね。

アクセスをしてくれたユーザーのニーズとコンテンツが一致していないケースが、一番直帰率を高めます。

たまに、2番というのが、現状でしょうか。

いずれにせよ、直帰率の高いページでは、コンテンツの見直し、増量、追加が求められると思います。

それと同時に、他ページへの遷移をしやすくする導線の強化が重要です。

直帰率 改善策

高い直帰率のページの改善策は、以下になります。

  • 導線をデザイン的に目立たせる
  • コンテンツのボリュームを増やす
  • テキストリンクの場所を増やす、変える
  • コンテンツの内容の見直し
  • グローバルナビの追加
  • ページの重さを軽くする
  • 広告の場合、広告を配信しない

上記のような改善策があります。

いずれにせよ、導線の強化と、コンテンツのアップデートは重要ですね!!

WEBストーリーとは? ウェブ ストーリーの作り方 SEO対策での効果は