常時SSL化対策:SEO評価を引継ぐhtaccessでhttpsリダイレクトさせる方法

常時SSLにするというのは、2019年、多くの企業が取り組んでいることらしいです。

Googleが常時SSL化を推奨していて、SEOにおける比重が高まってきているという話で、そういう対策を強化しているようです。

今回は、WEBサイトをSSL化するにあたって、静的なホームページで、サクッと簡単に、常時SSLできる、それでいて、SEOの評価を引き継げるhtaccessをご紹介します。

常時SSL化へ!301リダイレクトのhtaccessの書き方!!

httpからhttpsリダイレクトさせる方法で、簡単なのが、htaccessへの記述です。

答えになりますが、以下のタグをを追加してアップしてください。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://sample.com/$1 [R=301,L]

Googleの場合、リダイレクト前のURLのページ評価を引き継ぐなら、301リダイレクトにする必要があります。

301リダイレクトは、何も常時SSL化にあたっての話だけではないです。

いずれにせよ、上記コードをhtaccessに記載して、ホームページのTOPディレクトリなどに設置すれば、httpにアクセスがあっても、httpsに誘導されるようになります。

忘れずに。Googleサーチコンソールのhttps設定

このhtaccessをアップロードする場合、忘れずに、Googleサーチコンソールにて、httpsのサイトの新規登録をしておいてくださいね。

この設定を忘れていると、Googleから、httpsがないのではないか?と思われてしまいます。

SEO対策上、大きなマイナスです。

ぜひ、忘れずに、Googleサーチコンソールのhttps設定を!!

※もちろん、常時SSL化の場合、SSLの取得が先ですが。

 

インスタでEC誘導を強化できるのは、ショップナウ。その登録方法を解説

お医者さん探しのYOUTUBE

YouTubeを使った病院検索サービス「東京ドクターズチャンネル」