【初心者向け】アドテク dv360(ディスプレイ&ビデオ360)とは?Google DSP広告?

アドテク。アドテクノロジーの略称ですが、どんどん、広告の技術革新は進んでいます。日本でも、そのアドテクの価値は高まっています。

それゆえ、アドテクノロジー系の会社は、どんどん上場していっています。

インティメート・マージャー(7072)
https://corp.intimatemerger.com/

ログリー(6579)
https://corp.logly.co.jp/

ジーニー(6562)
https://geniee.co.jp/

フリークアウト・ホールディングス(6094)
https://www.fout.co.jp/

たとえば、このような会社です。ちなみに、()の番号は、銘柄コードです。

これらのアドテクノロジーな企業は、データを活用したマーケティングを強みとしています。それゆえ、そこからのDSP広告配信や、データを活用しての広告効果測定、自社のプライベートDMPなどとのシステム連携での、技術革新を進めています。

今回は、そのひとつの本流になるDSP広告 Googleのディスプレイ&ビデオ360(DV360)について、解説をしていきます。

GoogleのDSP広告 ディスプレイ&ビデオ360とは?

ディスプレイ&ビデオ360の公式サイト 日本版
https://support.google.com/displayvideo/answer/9059464?hl=ja

ディスプレイ&ビデオ360は、Googleが運営するディスプレイ広告(DSP広告)の配信プラットフォームです。

「Google マーケティング プラットフォーム」の1つのサービスです。

ディスプレイ&ビデオ360は、2018年7月24日に Bid Manager から名称が変ったサービスです。

ディスプレイ&ビデオ360は、Google広告の中でも、若干特殊です。

リスティング広告であるAdwords、GoogleDisplayNetwork(GDN)のようなオープン型(誰でも広告アカウント開設や運用ができる広告プラットフォーム)ではなく、クローズド型広告プラットフォームです。

つまり、ディスプレイ&ビデオ360は、誰でも、扱える広告ではないのです。それゆえ、メリットが別にあります。

個人アフィリエイターなどが簡単に扱えるものではないので、手垢がまだつききっていないというのも、1つのポイントですね。

DSP広告 ディスプレイ&ビデオ360の4つのメリット

DSP広告であるdv360(ディスプレイ&ビデオ360)のメリットは、いろいろありますが、主なポイントは以下の4つだと思います。

  1. GDN以外にも、様々な広告メディアに広告を配信可能(YDNやマイクロアドなど)
  2. 既存のGoogle広告の運用データやリマーケティングリストの活用可能
  3. 充実した第三者デモグラフィックデータとの連携
  4. クローズドな広告プラットフォーム

ディスプレイ&ビデオ360なら、リマケタグを活用して、YDNなどへの広告配信もできるので、リマケ活用からのCV促進にも向いています。

属性データも第三者のデータとの連携ができるので、今までの広告よりも、精度高く、広告配信できるので、そこも大きなプラスポイントですね。

ディスプレイ&ビデオ360で可能なセグメント

こんなかんじで、セグメントして、ターゲティングした広告の配信が可能です。

そもそも、GDNで設定可能なターゲティングは、ほとんど設定できるので、GDNと同じような設定ができます。

  • カテゴリ
  • フリークエンシー
  • デバイス
  • 都道府県、市区町村
  • 曜日、時間
  • ブラウザ
  • OS
  • キャリア
  • 言語
  • リーセンシー
  • コンテンツテキストターゲティング
  • 配信SSP、ADX

基本的には、リマーケティングの効果がいい場合、そのリマーケティングを活用して、配信量を強化するWeb広告施策として、活用することがいいですね。

要は、GDNのリマケでうまくいっているなら、ディスプレイ&ビデオ360です!

ディスプレイ&ビデオ360 活用事例

ディスプレイ&ビデオ360の事例として、こんな配信事例もあります。

BtoB ECサイトで、ディスプレイ&ビデオ360を使って、広告を配信。

もともとGoogle広告、GDNで貯めていたリマケデータを活用したところ・・・

CPAで、3,000~5,000円くらいで、購入のCVが出ました。

商品単価が5,000~10,000円程度なので、

そこそこの効果ですね。

2019年のおすすめweb広告はこれ!YDN動画広告(インフィード動画広告)

2019年のおすすめweb広告 YDN動画広告(インフィード動画広告)