【BtoB】事例紹介でリード獲得!PVを稼ぐ事例ページ 制作 ノウハウ

プル営業は、重要な営業方法です。今までのようなプッシュ営業ばかりでは、なかなか働き方改革ができない、という現場の声も多く聞いています。

そのなかで、重要性が増しているのが、ホームページでの問い合わせや、資料ダウンロード、資料請求といったプル営業の手法です。

リード獲得を行いやすい土壌になってきているのが、時代の流れ、トレンドなので、webサイトへ集客のできる事例紹介ページは、とても重要なコンテンツとなっています。

そこで、今回は、PVを稼ぐ事例紹介ページの制作方法のノウハウを解説します。

まずは、事例紹介ページのメリットや役割、目的について解説していきます。

事例紹介ページ メリット

いろいろなBtoB企業のコーポレートサイトを見ていると、ページのアクセスランキングは、だいたいこんなかんじになることが多いです。

  1. TOPページ
  2. 事例紹介
  3. 会社概要
  4. サービス紹介
  5. 事業概要

企業サイトのページアクセスランキングでみると、事例紹介はBtoBサイトにおいては、人気コンテンツです。

そして、なぜ、事例紹介が、こんなに閲覧数が多いのでしょうか。

それはサービスを理解するのに、てっとり早い、効率的だからです。

細かいシステムやサービスの詳細を読むよりも、こういうソリューションを、このように使っている、という事例だけでも、イメージがつきますからね。

それゆえ、事例紹介ページがお問い合わせや資料請求などのコンバージョンをアシストしているケースも多いです。

そこで、事例紹介ページのメリットをまとめると

  • PVやUUの増加
  • 顧客体験の充実化
  • サービス理解の促進
  • お問い合わせなどCVの促進
  • セッション数増加、滞在時間の長期化

といったメリットが、事例紹介ページにはあります。

PVやUUが増加するのは、事例紹介ページのコンテンツが、ほぼオリジナルコンテンツになるため、検索キーワードとのマッチングがよければ、検索結果の上位表示につながりやすくなるからです。

また、事例紹介は、ユーザーに利用イメージを想像させやすくなります。また、ケースによっては、利用している店舗に実際に訪れてみよう、というユーザーも出てくるでしょう。それゆえ、事例紹介ページは、顧客体験の充実化につながります。顧客体験の充実化は、2020年のトレンドですしね。

事例紹介ページが、セッション数増加や滞在時間の長期化を促す理由は、単純で、多くの事例紹介ページが、1ページ1コンテンツで作られるためです。

その結果、セッション数が増加します。そして、複数のページを見るユーザーが出現することによって、結果的に、webサイトへの滞在時間が伸びていくのです。これは、webマーケティング上、良い循環ですね。

事例紹介ページ 目的 役割

このようなメリットを踏まえて、事例紹介ページが果たすべき役割、そして目的は、

  • ユーザーにわかりやすくサービスを伝える
  • 利用シーンの喚起
  • コンバージョン促進
  • 事例紹介ページをハブとして各ページへの導線

という点。

ロジカルに考えると、

事例紹介ページは、BtoBビジネスにおいては、

CV促進だけではなく、各コンテンツページへの導線の役割も果たすため、

非常に重要なファクターになります。

事例紹介ページに掲載すべきコンテンツ

では、実際に、事例紹介ページに掲載すべきコンテンツ、情報は何になるかを考えてみましょう。

BtoBサービス、企業の場合、どうしても、ブランド認知度は下がります。

低くて当たり前です。

ドラッグストアやスーパーに並ぶことがないのですから。

それゆえ、信頼を獲得できるようなブランディングは重要です。

そこで、どうすれば、サービスや商品の信頼を獲得すればいいのでしょうか。

その方法は、シンプルで、2つあります。

  1. 徹底して、網羅した情報を提供(専門性)
  2. 大手企業や、有名企業での導入事例を示す

東証1部上場企業と取引している、有名企業が利用しているサービスなら、安心。

官公庁や公的企業が使っているなら、情報セキュリティも高い。

といったことで、こういった大手企業との取引実績や利用事例は、信頼性や安全性をPRできる格好の武器になります。

ただ、やみくもに有名企業だから、と掲載をしていっても仕方はありません。営業したいターゲットと近い企業の事例も掲載していきたいですね。

webサービスの事例紹介ページで多いのが、大手企業、官公庁との取引、利用実績の記載ですが、中小企業側からすると、高い、という判断をされるケースもあります。

つまり、狙いたい企業が中小企業なら、中小企業、業界の近い利用事例を掲載していくことが重要になります。

また、信頼獲得のためには、網羅した情報の提供もあるといいと思います。

プロフェッショナルだ。このページを見れば十分。

ユーザーに、その気持ちを抱かせるレベルのコンテンツ提供ができれば、BESTですね。

他社がより多くの情報を掲載していてば、信頼獲得にはつながりません。

ただ、ここで重要なことの1つは、掲載する事例の1つで、すべての商品、サービスの使い方を網羅している必要性はないということです。

webサイトの、多くのコンテンツ、ページによって、それが補完されていること、そして、そこへの導線がわかりやすくなっていることが重要ですね。

事例紹介ページ おすすめコンテンツ例

実際に、事例紹介ページに掲載するコンテンツのおすすめを解説します。

15個の項目がありますので、コンテンツ内容を考え、想像しながら、読んでみてください。

  1. 信頼獲得につながる大手企業の実績と、中小企業での実績、両方掲載
  2. 事例一覧は、利用用途で絞りこむ or ソートできるように作成する
  3. 事例一覧で掲載する文言、事例紹介ページのタイトルとあわせる
  4. 事例一覧では、何の事例であるかを明確にする
  5. 事例一覧では、企業規模、業界、利用事例などもサマリー表示
  6. 事例一覧では、企業ロゴや写真を掲載
  7. 事例一覧のファーストビューで事例を多く掲載、事例一括ダウンロードのボタンを設置
  8. 事例は10件以上掲載
  9. 事例紹介ページでは、課題、悩みをどんなプロセスで解決したかを掲載
  10. 事例紹介ページで、改善結果などの数字を見やすく掲載する
  11. 事例紹介ページでは、ユーザーレビューを掲載
  12. 事例紹介ページでは、CTA設置。問い合わせ&関連コンテンツへの遷移を設置
  13. 事例紹介ページには事例集などのホワイトペーパーのダウンロードボタンを配置
  14. 事例紹介ページは、インタビュー型で、ひと気を出すコンテンツも作る
  15. 事例紹介ページのタイトルは、改善内容を数字などで表現

ざっと、このようなかんじで、コンテンツ設計できるといいでしょう。

ちなみに、これができなければ、事例紹介ページの意味がないわけではありません。

あくまで、事例紹介ページで、おすすめのコンテンツ例です。

事例紹介ページが「ない」よりは、絶対「ある」方がいいコンテンツなので、情報がないからといって、作らないよりかは、作成した方がよいです。

まとめ:事例紹介、実績紹介は積極的に。攻めのリード獲得へ

事例紹介ページについて、ご検討いかがでしたでしょうか。

事例紹介ページは

  • ユーザーにわかりやすくサービスを伝達
  • 利用シーンの喚起
  • コンバージョン促進
  • 各ページへの導線

という役割を持ち、BtoBビジネス企業においてのホームページ戦略では、キラーコンテンツになるものです。

しっかりと、そのページの目的を把握しながら、事例紹介ページを制作しつつ、運用・改善をしていけるようにしましょう。

VR体験で、不動産物件の購入意欲が高まる人は40%もいる事実

VRで購入意欲が高まる人は42%。動画マーケティングの営業力