LINEの名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)の共有機能が便利!

外出時に限って名刺情報がほしい、なんてことがあったりしますよね。そんなときに便利なのが、名刺管理アプリ。実は今、いろいろな名刺管理のアプリがあるのをご存知ですか?

今回ご紹介する名刺管理アプリは、「myBridge」(マイブリッジ)というもので、LINEが提供しているサービスです。もちろん、利用料は無料のアプリで非常に便利なアプリです。

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)とは

LINE株式会社(本社:東京都新宿区)が提供する、名刺を管理できるアプリが、「myBridge(マイブリッジ)」というサービスです。

この名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)は、iPhone、Android対応。そして、驚くことに、利用料は、無料!!

さらに、2019年4月10日現在では、アプリを起動することなく、登録した名刺情報を「LINE」のトーク上で送ることができる機能も提供開始されました。

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)公式サイト
https://mybridge.com

App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/mybridge-by-line/id1375392167?mt=8
Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.mybridge

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)の使い方

そのほかの名刺管理アプリと基本は一緒です。スマートフォンのカメラで名刺を撮影するだけ。OCRの機能とオペレーターによる手入力により、名刺の文字情報を自動認識して、データ化をしてくれます。

しかも、登録した名刺情報は、エクセルファイルで出力可能!

また、1日あたり入力できる名刺の枚数や入力項目に上限はありません。

もちろん、LINEとの便利な連携機能で共有もできます!!
「myBridge」に登録されている名刺情報をLINEのトーク上から直接送れるんです。

しかも、トーク上で送られた名刺データを「myBridgeに保存」で、そのまま自分の「myBridge」アプリに名刺データを追加可能。
※2019/4/10現在ではiOS版のみ対応。今後Android版でも対応予定

もちろん、名刺の検索機能もあるので、探すのが簡単です。

ユニークなのは名刺の住所から、地図情報を提供してくれる点です。Googleマップの地図上ですぐに確認できるので、この点も使いやすいですよね。

営業チームにオススメ!社内での名刺共有「共有名刺帳」

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)にある「共有名刺帳」機能は、とても便利です。

「共有名刺帳」を作成すると、個人の名刺管理だけではなく、指定した人と名刺情報の共有・管理が簡単にできるのです。

これは何が良いかというと、社内の共有営業データベースができるということです。特定のキーワードで、ジャンルわけをしておけば、たとえば、web制作会社の名刺データベースなども簡単に作れます。

また、営業先リストみたいなキーワードを登録しておくことで、営業先として、DBに登録できるので、メール配信のリストとして活用することもできるようになります。

この機能が便利なのは、共有化ができることです。これによって、営業マンが退職、転職しても、企業としては、名刺情報が残っていくことができるのです。

これはいいですよね!しかも、誰が接点とっていたかもわかりますし。

そのほかの無料&人気の名刺管理アプリ!

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)以外にも、名刺管理アプリはたくさんありますが、その中でも、人気の高いアプリをご紹介します!!

名刺管理としても活用されるEvernote(エバーノート)

Evernote(エバーノート)はテキスト・画像などさまざまな情報を保存できるアプリ。しかも、クラウド上で一元管理できるので、便利です。スマートフォン、タブレット、PCからアクセスが可能。もともと、有名なエバーノートを名刺の管理機能として活用している方も多いようです。セキュリティの面での安心面があるようですね!名刺スキャン機能を使うことで、お手軽に、名刺の文字情報を自動認識してくれるので、ここは、LINEの名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)と同じですね!!

Evernote(エバーノート)
https://evernote.com/intl/jp

松重豊さんのCMでお馴染み SansanのEight(エイト)

Eight(エイト)は個人の名刺管理に特化した無料アプリ。

スマートフォンのカメラで名刺を撮影、その後、オペレータがデータを正確に手入力してくれる仕組みです。基本的には、名刺管理アプリ「myBridge」(マイブリッジ)と同じかんじですね。転職や人事異動で名刺が更新されると、通知される機能もあります。

Eight(エイト)
https://8card.net/

SNS採用で人気のWantedlyの「Wantedly People」

Wantedly Peopleも同じような名刺管理アプリですが、最大の特徴は、1回のスマホでのカメラ撮影で10枚までの名刺を同時に読み込めるんです。これが便利ですね!人工知能を用いて、画像情報や文字情報を解析してくれるサービスです。こちらも、名刺データを社内で共有できます

Wantedly People
https://people.wantedly.com/

出典:PRTIMES
LINEの名刺管理アプリ「myBridge」、LINEのトークで簡単手軽に名刺情報が送れる!新機能の提供を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001554.000001594.html