【無料】「脈アリ」測定ツール「きっかけ」という個人のマッチングツール

最新webニュース

個人のマッチングサービスって、最近、いろいろな形式のものがありますよね。ネットでの婚活サービスの利用も、どんどん増えていっています。

実際、リクルートブライダル総研は、2016年に結婚した人の11.3%が婚活関連サービスを用いて結婚しているとの調査結果を発表しました。
http://bridal-souken.net/data/konkatsu/konkatsu2017_release.pdf

こんな中、パーソナライズまでいかずとも、もっと簡単、シンプルな、マッチングツールってないものかと思っていたら、出てきましたね。

Twitterを活用したマッチングサービスです。

Twitterで完全非公開マッチングサービス「きっかけとは?」

恋愛・婚活事業を運営する株式会社DiverFront(本社:東京都渋谷区)は、Twitter APIを利用したともだち間マッチングサービスの提供を開始します。

きっかけとは、「中学のとき、気になっていたけど誘うことができなかったあの人を誘いたい…」、「もっと仲良くしたい人がいるけど、直接いきなり誘うのは気が引ける…」という方に向けたサービスです。Twitterでフォローしている人の中から、もっと仲良くなりたい人をタップしてリストに入れるだけ。相手もあなたをリストに入れた場合のみ、2人にこっそりお知らせするので、第三者にバレる心配もなく気軽にともだちを誘えます。

きっかけ URL
https://amoo-re.com/services/wishes/toppage

きっかけの使い方

  1. 上記からTwitterで「きっかけ」にログイン
  2. 仲良くなりたい人をリストに入れる
  3. お相手がリストを作成するのを待つだけ!

お相手が先にリストを作成し、あなたのことを入れていた場合、マッチしたことを知らせる画面がすぐに表示されます。

まだリストに入っていない場合、お相手がリスト作成時にあなたを入れたとき、マッチしたことを知らせるメールが届きます。

サービス提供メディア
アモーレ
https://amoo-re.com/

きっかけ
https://amoo-re.com/services/wishes/toppage

考察:twitterだけではなく、LINEでもできたらよい?

twitterのAPIを活用することで、シンプルにできる仕組みです。こちらがきっかけでリストに入れれば、相手を選んでいることになって、同じように相手がリストに入れてくれれば、マッチされるという仕組みですからね。世代的に、twitterを活用している10~20代というセグメントでないと活用は難しいですが、これはこれで面白い仕組みだなと感じます。

この機能自体は、思考を変えれば、ビジネスマッチングでも活用はできそうですよね。フォローが氾濫してしまっているので、こういう仕組みで整理をしていけば面白いですよね。場合によっては、ビジネスマッチングサイト自体で、こういう仕組みを用意してもいいかもしれませんし。M&Aの買い手と売り手についても、こういう機能でマッチングさせるのもありなのではないかと感じます。

LINEでも、このような機能が提供されてもいいかもしれませんね。LINEの方が、そして、この機能の汎用性、利用率は高そうです。API次第のところもありますが、マッチング後のスタンプ購入とかの流れも面白いと思いますし、グリーティングなどのサービスとの連携もいいかもしれません。

マッチングサービスは、何をキーに、人と人をつながえるかが重要で、このシステムのように能動的なアクションでマッチングする仕組みは、1つのコンテンツというよりかは、ツールとして、PVやUUの向上につながりそうですよね。考え方によっては、キャンペーンの応募と当選でのマッチングとしてもいいかもしれませんし。インスタだと、抽選と当選が面倒ですからね。相互の連絡用に使えるようになると便利ですよね。

参照 valuepress
SNS世代の「脈アリ」測定ツール
Twitterログイン×完全非公開マッチングサービス「きっかけ」をリリース
https://www.value-press.com/pressrelease/212847