「楽天市場 ヒット番付 2018」公開。2018年のヒット商品わかる?

最新webニュース

あの楽天市場が、2018/10/30に、2018年のヒット番付として、まずは今年を象徴する4個のキーワードを先行発表。

「楽天市場 ヒット番付」では、「楽天市場」の2億点を超える商品の購買データをもとに、消費動向や社会情勢を振り返り、その年を象徴するキーワードを選出したキーワードです。

「楽天市場 ヒット番付」では、「楽天市場」の2億点を超える商品の購買データをもとに、消費動向や社会情勢を振り返り、その年を象徴するキーワードを選出したキーワードです。

スポーツが売上のキーとなった2018年の楽天市場

メガヒットは、目前となるオリンピック、ワールドカップ、甲子園と話題となるスポーツ興行を起因とした商品が登場しています。

【「楽天市場」における売上の前年同月比】(注1)
有機ELテレビ : + 579 %
秋田犬グッズ : + 212 %
ポップコーン : + 21 %
一本歯下駄 : + 481 %

テレビと、ロシアの女子フィギュア選手、ザキトワ選手にプレゼントされた秋田犬については、興味深いですね。スポーツの需要でこんなにも伸びたんだと思わされます。

一本歯下駄は、大河ドラマ、西郷どん、の影響でしょうか。あるいは、日本の女子フィギュア選手の体感トレーニングで、この一本歯下駄を使ったトレーニングが効果的ということで、話題になったので、そこもよかったのかもですね。そう考えると、健康?トレーニング?スポーツ?といった関連キーワード周辺がよく売れた、ということなんでしょうね?

辛いとか、味の濃いグルメがウケた2018年の楽天市場

刺激系グルメが好調だった模様です。たとえば、「麻(マー)活」。痺れるほど強烈な辛さのもととなる「花椒(ホワジャオ)」などの香辛料が話題でした。
また、甘いだけではなく、より味が濃くなるチョコミント。これも売上アップにつながっているようです。味の濃いものがウケがよいというのは面白いですね。

また、アルコール度数の高いチューハイやハイボールなども売れたそうです。ストレス社会だからですかね。考えたところで、アルコール度数が高いものは、割ることで飲めるため、節約の部分でもよかったのかもしれません。早く酔えますから、経済的なのかもですね。

【「楽天市場」における売上の前年同月比】
チョコミント     : + 500 %
激辛商品    : + 30 %
高アルコール飲料 : + 177 %

キャッシュレス決済?でクレカケースが売れている?

「楽天市場」では、クレジットカードだけを収納するケースや、従来よりも小さいサイズのミニ財布などの商品の売上が大きな伸びを見せています。

【「楽天市場」における売上の前年同月比】
クレジットカードケース : + 313 %
小さい財布/ミニ財布 : + 59 %

おさいふケータイの普及やLINE決済の効果などでスマホ決済も進んでいるんでしょうが、楽天市場の場合は、楽天カードが大量に発行されているから、というのもありますよね。個人的には、クレジットカードケースが売れている背景は、そこなのかなと思います。

ミニ財布が売れるのは、リアルでの消費が下がっている事情があるのではないかと思ってしまいますが、真相的には、ネットでの購入が、スマホ決済の強化や、メルカリなどの台頭もあって、増加しているのだと思われます。

参照URL PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000825.000005889.html