住民票など証明書の請求をwebで簡単にする!Grafferフォーム

最新webニュース

役所に提出する書類がアナログで本当に困ることありませんか?まず、役所に行かないとできないことが多いのです。そして、すごくわかりにくいことが多くありませんか?引越し関連の手続きの書類など、そんなにやるものではありませんが、引越しで忙しいのに、役所までいかないと進まない。。。とても面倒ですよね。そんな行政系の、御役所の書類などをwebから簡単に請求できるサービスが、Grafferフォームというサービスなんです。

住民票など書類の請求をwebで簡単に!Graffer(グラファー)フォームとは

2018年10月にリリースされたGraffer(グラファー)フォームは、住民票など各種証明書の請求をスムーズにできるようになるサービス。書類作成から決済までぜんぶweb上でできるんです。その対応範囲は、どんどん広がっていて、郵送手続きが可能な1733自治体の3414手続きに対応しているとのこと。

Graffer(グラファー)フォーム URL
https://forms.graffer.jp/

Graffer(グラファー)フォームの特徴

各申請書などの書類の作成、返信用封筒・定額小為替の準備、書類の印刷・郵送といった、各種手続き、申請の実施に必要な作業を一元的にweb上でできるんです。

なぜ、こんなにも行き届いたサービスを展開できるかというと、地道な情報集めなんですよね。行政手続き情報をまとめたメディア、くらしのてつづきも運営されています。

行政手続き情報メディア「くらしのてつづき」

どこよりもわかりやすい「行政手続きガイド」を作る!グラファーという会社は、これを目標に事業を進められているため、とても便利。そして、分かりやすいんです。

wiki形式で各手続きの解説がまとめられていますし、webで記載されている質問に答えていくだけで「転入(引越し)」や「結婚」などで、役所に出さないといけない書類など、必要な手続きを洗い出せる「手続きガイド(全国版)」などのコンテンツも提供しています。

行政手続き情報メディア「くらしのてつづき」URL
https://ttzk.graffer.jp/

最近、行政系の手続きのweb化は、電子政府なんて言葉にまとめられていますが、電子までしなくていいので、せめて、文字情報ででもわかりやすく、見やすく、そして、請求がオンラインでできるようにしていって欲しいです。そんなに難しくないはずですので、お願いします!