【サブスク】月額定額制ランチテイクアウトサービス「POTLUCK」なら月額12,000円で昼夜イケる!

最新webニュース

サブスク、サブスクリプションサービス(月額定額制サービス)は、どんどん新しいサービスが開発されていますよね。音楽や、映像、雑誌の読み放題などは、大手のデジタルコンテンツサービス側で提供されていますが、今では、リアルなサービスも増えてきています。美容サロンへ月額定額でいけたりもします。ゲームも、遊び放題だったりします。DVDのレンタルも月額定額でできますし、洋服のクリーニング、レンタル、靴のレンタルなどもあります。

そんな中、飲食系のサービスは、まだ少ないのですが、今回ご紹介するPOTLUCK(ポットラック)は、そんな飲食系サービスのサブスクサービス、月額定額サービスです。個人的には非常に面白いと感じています。

月額定額制ランチテイクアウトサービスPOTLUCK(ポットラック)とは

月額定額制ランチテイクアウトサービスPOTLUCK(ポットラック)のURL
https://www.pot-luck.jp/

POTLUCK(ポットラック)とは、月額料金として30日間有効のチケットを購入することで、様々な飲食店のランチがテイクアウトできるようになるサービス。

事前予約制で待ち時間がないため、混んでいてゆっくり過ごせないというランチタイムの混雑から解放されます。「リーズナブルに飲食店のランチを食べたい。」「いつも同じお店に行きがちで、会社付近の新しいお店を開拓したい。」「毎日外食だと食べ過ぎてしまったり健康的に気になる」という方にもオススメなサービスです。

現在は、渋谷・恵比寿・代官山・表参道エリアからサービススタートしていて、続々メニュー追加&エリア拡大予定となっています。

ちなみに、現在いけるお店については、アカウントを作成すると見れるようになるそうです。アカウントの登録は、名前、メルアド、パスワードのみです。
https://www.pot-luck.jp/signup/tabeho

月額12,000円で、30日間のランチとディナーを食べられる「食べ放題プラン」導入

月額12,000円で30日間食べられるプランが登場したので、さて、計算してみましょう!

1食1,000円として、30日で、2食ずつ食べたら。計算は簡単ですよね。6万円です。

つまり、6万円が、12,000円で食べられるんです。80%OFFというのは、お得ですよね。

実際会社に行っているときだけでシミュレーションしてみましょう。
22日間で、2食ではなく、1.5食と計算。
1食を700円で計算すると、
22日 X 1.5 X 700円 ⇒ 23,100円
これでも、12,000円はお得ですよね。
約半分です。

従来、チケットプランを「6チケットプラン」、「12チケットプラン」、「20チケットプラン」から選べましたが、「20チケットプラン」を同価格のまま「食べ放題プラン」に変更して、このようになったそうです。

POTLUCK(ポットラック)の「食べ放題プラン」ではチケット有効期限の30日間の中で、ランチ・ディナー合わせて最大60食(30日×2、最大84,000円相当)を食べることができます。

チケット残数を気にする必要は一切ナシ!先着100名限定の早い者勝ちプランです。

さらに2019年2月12日から、初めてPOTLUCKを利用される向けに、1週間980円で食べ放題プランの体験ができるtabehoキャンペーンもSTART

1週間980円で食べ放題のお試し「tabehoキャンペーン」について

POTLUCK(ポットラック)を新規登録される方向けに、以前好評だった980円(税別)で一週間食べ放題を体験できる「tabehoキャンペーン」を開始。こちらのキャンペーンでは、有効期限7日間の中で、ランチ・ディナー合わせて最大14食(7日×2、最大19,600円相当)を食べることができます。「自分のライフスタイルに合うか、気軽にサービスを試してみたい!」という方におすすめのキャンペーンです。

さらに、キャンペーン後もご利用いただける場合、
下記の通りプレゼントが!!

・6チケットプラン→チケット1枚プレゼント
・12チケットプラン→チケット2枚プレゼント

キャンペーン参加の詳細はこちら
http://bit.ly/2RSECfa

POTLUCK(ポットラック)の運営会社情報
株式会社RYM&CO.
所在地:東京都渋谷区
設立:2017年11月
https://www.pot-luck.jp

考察:いろいろな飲食店にいける食の楽しさが伝わるビジネスモデル

消費者側からすると、本当に、これで儲かるのだろうかと、ふと心配してしまうようなビジネスモデルです。ただ、このPOTLUCK(ポットラック)のビジネスモデルを冷静に考えてみると、答えは見えてきます。

これは、月額定額制の御弁当サービスなんです。事前予約が必要なので、ロスが少ない。そして、チケットでの展開なので、ロスをしても課金ができる。この2つが軸となる御弁当の月額定額制サービスのビジネスモデル。今までは、御弁当屋さんが運んでいたのを、消費者が取りにいくタイプのビジネスモデルだから、安く提供ができるんだと思います。これは、コンビニでもやってもいいのでは?と思えるビジネスモデルですよね。

飲食店側からすると、御弁当を作っておくことで、定額収益がとれるようになるので、これはこれでプラスです。テイクアウトをやっていなかった店舗にとっては、準備は大変ですが、今までテイクアウトをしていた飲食店であれば、話は別です。固定客を取りやすくなりますし、場合によっては、POTLUCK(ポットラック)で来たユーザー限定のサービスなども可能ですよね。

既存のビジネスモデルもこのように形を変えられて展開が可能になるサブスクビジネスモデル。視点を変えれば、自社でも導入は可能ですね。ただし、決済サービスとの連携をどうするかが肝ではありますが。

出典:PRTIMES
POTLUCKが、月額12,000円で1ヶ月間の昼食と夕食がまかなえる新プランを導入。今だけ980円で1週間体験も。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000034260.html