ネット広告ニュース:動画アプリ「TikTok」と音楽サービス「AWA」の業務提携

最新webニュース

AWA人気楽曲を動画アプリ「TikTok」に!年内に500万曲まで追加

動画アプリ「TikTok」と音楽サービス「AWA」の業務提携

AWA株式会社の定額制音楽配信サービス「AWA」は、ショートムービーアプリ「TikTok」(ティックトック)との業務提携を発表。2018年11月初旬から、サービス連携をスタート。
AWA」は、サイバーエージェントとエイベックス・デジタル株式会社の共同出資でできた会社で、AWA株式会社という名前の会社が提供する、定額制音楽配信サービスです。
https://awa.fm/

あなたの”好き”が見つかる音楽ストリーミングサービス というキャッチコピーがサイトTOPにズドンと登場します。

AWA」は配信楽曲数、2018年10月現在で5,000万曲。著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約1000万件。膨大な数ですね。

TikTok」は、ショートムービー・コミュニティーとして、最近マスコミ、TVでも話題ですね。広告の出稿も半端ないです。
https://itunes.apple.com/jp/app/tiktok-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF/id1235601864?mt=8

モバイル向け動画を気軽に共有できるアプリなので、コミュニティとして成立しており、現在、若年層を中心に人気です。音楽にあわせて踊る、などの動画です。

サービス連携で、DA PUMP、倖田來未などの楽曲2.5万曲が、TikTokの動画撮影時に利用可能となるそうで、物量がすごいですね。

AWAの楽曲については、利用可能になるのは、当然「AWA」に登録しているユーザーだけです。AWAの会員は、「TikTok」上で音楽をフル再生でき、音楽プレイヤーとしても利用可能になるそうです。「TikTok」ユーザー向けに、AWA有料プラン優待キャンペーンも展開予定なので、「TikTok」(ティックトック)の会員にはうれしい話ですね!!

■参照元
サイバーエージェントのプレスリリース
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=22435